2014.04.25 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仕方ないでは済ませられない!? 受動喫煙のリスクとは

仕方ないでは済ませられない!? 受動喫煙のリスクとは

 

公共の施設での全面禁煙化、飲食店でも喫煙ルームを設けて分煙している場所が多くなりました。昨今の禁煙・分煙強化の傾向は、「受動喫煙防止」のためだと言われています。受動喫煙とは、喫煙しない人が他人のタバコの煙を吸ってしまうこと。言葉は広く浸透していますが、どれくらいのリスクがあるのかまで、正しい知識はそれほど知られていないでしょう。機会が減ってきているとはいえ、歩きタバコをしている人とすれ違ったり、無意識のうちに、タバコの煙を吸い込む可能性はまだまだあります。果たしてその影響はどれくらいあるのでしょうか。

今回は受動喫煙のリスクと、予防法についてご紹介します。

 

なぜ受動喫煙を防がなければいけないの?
近年、受動喫煙が大きく話題となったのは2003年5月に「健康増進法」が施行されたのがきっかけです。第25条で「学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。」という、受動喫煙対策を努力義務化する内容を明記しています。

法律に明文化されるほどの、受動喫煙のリスク。国立がん研究センターが行った“タバコを吸わない女性を対象にした研究”では、夫が喫煙するグループの女性が肺腺がんになるリスクが、夫が喫煙をしないグループと比べて約2倍高くなる、という結果が出ています。この研究で判明したケースのうち37%は、受動喫煙を避ければ防げる肺腺がんだったとも言われます。また、妊婦や子どもは特に注意が必要です。妊婦の場合はニコチンを吸収すると母体の血管が狭まり、血流不足で胎児の発育障害が起こったり、早産のリスクも上昇します。子どもの場合は、自らの意思で受動喫煙を避けられないケースが多く、その結果、ぜんそく・気管支炎・中耳炎などにかかりやすくなることが知られています。

そして、受動喫煙が問題視される要因のひとつに「副流煙」があります。タバコに含まれる有害物質は、実は主流煙(喫煙者が吸う煙)よりも副流煙(タバコの先から出る煙)のほうが多く、主流煙を1としたとき、副流煙に含まれるタールは2.8倍、ニコチンは3.4倍にものぼります。この事実を知ってしまうと、「個人の嗜好だから……」「自分は吸わないし一瞬だけなら……」とも言ってられませんよね。

 

受動喫煙予防のために行っていること・できること
健康増進法の施行を受け、神奈川県は2010年4月に全国でいち早く受動喫煙防止条例を施行し、学校・病院・官公庁施設などを全面禁煙化しました。この条例がきっかけで、神奈川県内の全店舗を全面禁煙化した飲食店チェーンもあったようです。厚生労働省は「職場での受動喫煙を防止するためのガイドライン」を定めて対策を進めています。このガイドラインでは、喫煙スペースや換気装置の設置、喫煙・禁煙スペース境界部分の気流の向きや速さなどの要件を細かく規定しています。みなさんのオフィスの喫煙スペースの環境整備が進んでいる背景にも、これらが影響しているかもしれません。

個人で行える対策は、残念ながら「受動喫煙の可能性がある空間に入らない」くらいしかありません。タバコの煙はマスクでは完全に防ぐことができませんし、空気清浄機もまた有害物質を完全に除去することができません。厳密には、分煙を行っていても、喫煙スペースからすべての煙の漏出を防ぐことは難しいのも事実です。現状で受動喫煙を避けるためには、「全面禁煙の施設を利用する」「禁煙の時間帯を把握して利用する」など、受動喫煙の可能性がある場所に立ち入らない、立ち入らせないことが最大の予防です。

 


 

受動喫煙は自覚がないケースが多く、現行の対策では完全に受動喫煙を防ぐこともできないため、予防が難しいのが現実です。まずは受動喫煙の知識を身につけるところから始めましょう。喫煙している人は、しっかりと喫煙マナーを守ることが、周囲の人を守る第一歩だということを覚えておいてくださいね。

 

参考:

受動喫煙の怖さを知っておこう

受動喫煙とたばこを吸わない女性の肺がんとの関連について(国立がん研究センター)

主流煙と副流煙(厚生労働省最新たばこ情報)

職場における喫煙対策のためのガイドライン(厚生労働省)

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ