2013.12.05 Thu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

体の内側からもヘアケアを! 髪が喜ぶ3つの栄養素

体の内側からもヘアケアを! 髪が喜ぶ3つの栄養素

 

髪も体の一部なんです!

見た目の印象に大きな影響を与えるヘアスタイル。男性のヘアケア意識も近年高まりを見せているようですが、ヘアケアにとって重要なのは高級シャンプーなどのグッズだけではありません。頭皮の細胞によって日々生成される髪の健康状態は、毎日の生活習慣、とりわけ食習慣に大きな影響を受けます。体の内側から効果を発揮する、髪が喜ぶ3つの栄養素をご紹介します。

 

髪が喜ぶ栄養素 #1: タンパク質
私たちの髪の毛は、爪の主成分と同じ“ケラチン”と呼ばれるタンパク質の一種によって作られています。そのため偏った食生活によってタンパク質が不足しがちになると、髪を生成する原材料も不足してしまうのです。健康な人でも毎日50〜100本程度抜け落ちると言われる髪の毛。一定の毛髪量を保つには、その消耗を補うのに十分な原材料が不可欠です。肉や魚に含まれる“動物性タンパク質”、穀物や豆類などに含まれる“植物性タンパク質”をバランスよく取ることで、体全体の健康、そして髪の健康を保ちましょう。

 

髪が喜ぶ栄養素 #2: ビタミン
体の調子を整える栄養素、ビタミン。なかでもビタミンB郡とビタミンDは髪の健康にバツグンの効果を発揮します。

皮膚や粘膜の健康を維持し、頭皮環境を健康に保つ働きのあるビタミンB2。髪の主成分であるケラチンをタンパク質から合成するのに不可欠とされるビタミンB6。ほかにもさまざまな作用によって髪の健康を保つビタミンB郡は、髪の健康を語るうえで外すことのできない栄養素です。全粒穀物・卵・アボカド・豆類などの食品に多く含まれています。

“髪を生き返らせるビタミン”として近年注目を集めているのがビタミンD。「髪の生産を止めてしまった頭皮の細胞を復活させ、髪がふたたび生える状態にする働きをもつ」との調査結果もあり、今後のさらなる研究が期待されています。ビタミンDはいわし・サケなどの魚類や、キクラゲ・しいたけなどのキノコ類から摂取することができます。

 

髪が喜ぶ栄養素 #3: ミネラル(鉄分・亜鉛)
鉄分・亜鉛をはじめとするミネラルは、タンパク質・ビタミンとともに髪の健康に欠かせない栄養素。鉄分は血中における“ヘモグロビン”の生成を助け、頭皮に酸素が行き届きやすくする働きがあります。また亜鉛にはタンパク質の合成を助ける作用があり、髪の主成分であるケラチンの生成に欠かせない栄養素の1つとされています。これらのミネラルは、赤身肉・魚介類・大豆・のり・ひじきといった食品に豊富に含まれています。

 


 

食習慣の健全さを表すバロメーターともいえる髪の健康状態。以上の栄養素をバランス良く日々の食事に取り入れ、髪にツヤと弾力を取り戻しましょう。健康的で美しい髪は、あなたの魅力をよりいっそう高めてくれるはずです。

 

参考:

男性の美意識は女性並!? あの女性向け商品使用も6割強が恥ずかしさなし!

Bad Hair Or Nails? These Foods Could Be To Blame

WebMD Ask the Hair Health Specialists

Vitamins & Minerals For Hair That’s Healthier, Stronger And Shinier

FOODS WITH IRON & ZINC

髪の主成分はケラチン – 発毛大辞典

健康にいい食生活 – 発毛大辞典

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ