2013.08.29 Thu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

外食やコンビニ食とはオサラバ? 男性も注目すべきネットスーパー 

外食やコンビニ食とはオサラバ? 男性も注目すべきネットスーパー

 

連日の猛暑も手伝って、今ネットスーパーが“特需”に沸いています。「暑いときに外出しなくてもいい」「玄関先まで重い荷物や冷えたものを運んできてくれる」といった利便性の高さから、もともとコアなユーザー層だった主婦や高齢者を中心に、人気が加速しているのだとか。

しかしよくよく考えてみると、単身の男性諸君が抱える諸問題こそ、ネットスーパーが解決してくれるのではないでしょうか? 連日の残業に身体はクタクタ、スーパーに行く時間もなく、かといって空腹に耐えきれるわけもないので、仕方なしにコンビニの脂っこい弁当をかきこむ……今回はそんなわびしい生活から抜け出すためにも、ネットスーパーを活用をオススメします。

 

夜でも受取可能なので帰宅が遅くても大丈夫
会社のお昼休みに、その日の夜に必要な商品をポチっと選ぶ。これでアナタは退社時間やスーパーの閉店時間を気にすることなく、悠々と帰宅するだけ。ネットスーパーにも様々なタイプがありますが、帰宅が遅くなりスーパーの閉店時間までに間に合わないという人には「大手系」がおすすめ。その多くが当日15時までに注文すれば、自宅近くの実店舗からその日の夜21時〜22時ごろに届けてくれます(※)。さらに、大手の強みはなんといっても食品や日用品までをも網羅した充実の商品ラインナップ。帰宅と同時にあらゆる買い物が完了するので、疲れのたまった身体をゆっくり癒したり、空いた時間を趣味や読書に費やすこともできますね。

 

【主な大手系ネットスーパー】

イオン
プライベートブランド「トップバリュ」をはじめとして、食品、日用品、服や家電家具など豊富な商品を販売している。ネットスーパーの中でも比較的長い、12時〜22時の時間で配達が可能。当日配達の締切時間は15時まで。

西友
西友が掲げる「KY(カカクヤスク)」の販売スタイルを生かしたネットスーパー。85円均一の激安商品特集など、オトクなキャンペーンが多い。配達時間は14時〜21時まで。2時間幅での指定時間配達が可能。当日配達の締切時間は17時までと、他社と比べて長い。

ダイエー
配達時間は12時〜21時。2時間幅の時間指定配達ができる。当日配達の締切時間は16時。実店舗でも人気の、毎週木曜日に開催される特売「木曜の市」が利用可能。前日にチラシ情報がもらえるので、特売商品が売り切れる前に注文することもできる。

※配達時間や配達締切時間は店舗やエリアによって異なるため、詳細は各店舗のHP等で確認が必要です。

 

健康生活に欠かせない安心できる野菜も楽々ゲット
大手とは異なる特徴をもつのが「食材宅配系」のネットスーパー。大手に比べると品揃えや配達時間、利用方法に制限があるものの、逆に大手スーパーのネットワークのように店舗の有無に縛られることがないため、まず配達地域が広いです。会社や自宅の近くにスーパーがないという人にとっては重宝する存在です。食材に特化しているため、無農薬や減農薬の野菜を中心に販売しているスーパーが多いのも特徴。さらに指定した日に定期的に食材を宅配してくれるので、健康的な食生活を送るうえで強い味方となってくれるでしょう。

 

【主な食材宅配系ネットスーパー】
らでぃっしゅぼーや
全国の契約農家からの産地直送が基本で、農産品は反農薬を徹底したり、有機堆肥を使うことをルールづけるなど基準が厳格。セット売りの定期便から個別注文も可能。

おいしっくす
農薬の制限や放射性物質の検査など独自の安全基準を設けている。鮮度が重要な野菜やフルーツは注文を受けてから収穫。配達日時が指定できる。

タダヤサイドットコム
収穫量が多すぎて農家であまった野菜や、規格外のため出荷できない野菜を抽選でもらうことができる。産地直送で発送当日に収穫されたもぎたてを購入できる。

 

幅広いニーズに応えてくれるネットスーパー。忙しい人だけでなく、多様な食材が手に入るので、料理にひと工夫を加えたい人にも使い勝手がありそうです。対応エリアや支払方法もお店ごとに異なるので、自分に合ったネットスーパーを探して、健康的な食生活の実現に役立ててください。

 

参考:

ネットスーパー初心者ガイド

ネットスーパー比較ガイド

日本経済新聞 電子版「特売品まとめ買い ネットスーパー、オトクな活用術」

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ