2013.08.05 Mon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブーム到来の“ラジオ体操” 消費カロリーはウォーキングやゴルフを超える!? 

ブーム到来の“ラジオ体操” 消費カロリーはウォーキングやゴルフを超える!?

 

「ラジオ体操」がブームになっているのをご存知でしょうか。2013年1月20日付のオリコンチャートでラジオ体操のCDがなんと7位にランクインし話題となり、さらに出版不況といわれて久しい中、2014年4月に発売された中村格子著『実はスゴい! 大人のラジオ体操』(講談社)が55万部を超える大反響を呼んでいます。

子どもの頃に誰もが経験するラジオ体操。スタンプカードを片手に近所の公園や神社に出かけ、眠たい目をこすりながら身体を動かした……ちょっとした試練のようでもあったラジオ体操が、ヒット書籍のタイトル通り「大人」に、それも若い女性に人気なのです。なんでも、一日たったの3分ちょっとの運動で、健康美ボディを手に入れることができると話題なのだとか。若い女性が躍起になるのも無理はありません。

“実はスゴイ”ラジオ体操を、夏休みの子どもや女性だけに独占させてはおけません。男子諸君も「ラジオ体操第一、腕を前から大きく上げて、大きく背伸び運動〜」といきましょう!

 

ラジオ体操の消費カロリーは、ウォーキングやゴルフを超える!?
比較的ゆったりした動きが多いため、「ラジオ体操が運動としてどれほど優れたものなの?」と疑う人がいても無理はありません。実はラジオ体操、ウォーキングやゴルフといった男性の趣味としてポピュラーなスポーツ以上の運動効果があるといわれています。運動による消費カロリーを計算する際、その運動が安静時の何倍に相当するかという単位をMETs(メッツ)といい、より活発な身体活動ほど、数値が大きくなります。

消費カロリーの計算式
<消費エネルギー(kcal)=体重(kg)×METs数×運動時間(h)×1.05>

厚生労働省によれば、普通歩行3.0METs、ゴルフ3.5METsであるのに対して、ラジオ体操は4.0METs。これだけ見ても、「仕事の移動で歩き回ってるから」「週末はゴルフをしてるし」という男性の方も、ラジオ体操の隠れた魅力を見直したくなるのでは。

一方で、運動量の多い活動をしているからといって、体のバランスが整えられているわけではありません。歩いたり、走ったり、一定の動きだけを繰り返す運動では、どうしても使わない筋肉があり、体のバランスを整えることができないのです。その点、ラジオ体操は体のバランスを整えることにも効果あり。早い動きやストレッチを組み合わせるなど、なんと約400種類ある全身の筋肉をまんべんなく動かせるようにできています。数多くあるワークアウトプログラムのどれもが、ラジオ体操のクオリティに遠くおよばないといわれるゆえんでもあります。

 

ラジオ体操は、計算し尽くされた究極の運動だった!?
エクササイズとして優れたラジオ体操ですが、健康面からみても効果的かつ効率的な運動だといわれます。たとえば大きく肩甲骨や体幹を動かす運動はそのまま、肩コリ・腰痛を改善し、有酸素運動を行うことで代謝が良くなれば、ダイエットにも最適です。また、リズム体操を行うことで脳の覚醒を促すセロトニンが分泌され、睡眠の質や目覚めもよくなるのだとか。

かつて新体操選手として全日本選手権を6連覇し、現在東京女子大学教授を務める秋山エリカ先生いわく「ラジオ体操は、すべてのスポーツに共通する重要な動きが凝縮された優れもの」とのこと。プロのアスリートが太鼓判を押すほどに効果があり、なおかつ小さい子どもからお年寄りまで、簡単に取り組めるラジオ体操。計算し尽くされた“究極の身体運動”といっても過言ではないでしょう。

 

ラジオ体操の効果を引き出すためのポイント
ラジオ体操の隠れた魅力に驚かれたことと思います。しかし、その効果を引き出すためには、気をつけておきたいポイントが3つあります。

まずは、ラジオ体操のプログラムにある、すべての運動の「正しいやり方」を意識しておくこと。たとえばラジオ体操第一の「背伸びの運動」は、“その後に行うすべての運動を正しい姿勢でやるための運動”です。そのため、ここで背が曲がり腕をしっかり伸ばさないようでは、正しいラジオ体操が行えません。手のひらを軽く握り、背筋と腕を十分に伸ばす。このポイントを意識して行うようにしましょう。ラジオ体操第一の運動は全部で13の動きで構成されています。書籍などで「正しいやり方」をチェックしてみてください。

次のポイントは、“ダラダラやらず、テキパキと元気よく動く”ということ。ラジオ体操はテンポよく短い時間で運動効率を上げていく体操なので、ダラダラやっていては、その効果を充分に発揮できません。朝の忙しい時間こそ、向いてるかもしれませんね。

最後に、“ラジオ体操の効果は即座に現れるものではないことを理解して継続すること”です。毎日続けることで身体全体の血流がよくなり、筋肉に弾力性ができていきます。そして、できれば朝目覚めてすぐに行う習慣を。睡眠時に内蔵に溜まっていた血液が筋肉や脳へバランスよく循環され、身体全体が覚醒します。体操後は、キビキビとした動きができるようになり、ステキな朝をむかえられるでしょう。

 

意外と知られていないラジオ体操の真価。眠たい目をこすりながら、ラジオから流れる軽快な音楽に勇気をもらえば……ほら、あなたの身体はラジオ体操を覚えていますよ!

 

参考:

『実はスゴイ! 大人のラジオ体操』 (著者:中村格子 監修:秋山エリカ 発行:講談社)

厚生労働省「健康づくりのための身体活動基準2013」

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ