2013.06.06 Thu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男性にとっても“お肌は命”! 若くて健康な肌を保つための食材5選

男性にとっても“お肌は命”! 若くて健康な肌を保つための食材5選

 

“男のスキンケア”と聞いて“女々しい”“石けんで十分”というイメージが先行していた時代も、今は昔。毎日のスキンケアは男女共に必須科目となりつつあります。株式会社マンダムが20代男性206名を対象に行った生活意識調査によると、「自分の魅力を高めるための努力」として「清潔できれいな肌づくり」を心がけている男性は66%にも及ぶことが判明。女性にとって“お肌は命”とはよく聞きますが、今日では男性にとっても“お肌は命”なようですね。

お肌を健康に保つため、毎日のスキンケアが大切なのは言うまでもありませんが、毎日の食生活もまた、肌の美しさに大きな影響を及ぼします。今回は体の内側から美肌に効果てきめんの食材を5つご紹介します。

 

お肌に効く食材その1:「イチゴ」

お肌に効く食材その1:「イチゴ」

甘酸っぱさが魅力のイチゴには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは “コラーゲン”を体内で合成するために必要な栄養素と言われており、お肌の健康にとって非常に重要です。ビタミンCを多く含む食材では、ミカンなどが有名ですが、イチゴにはそれ以上のビタミンCが含まれていると言われています。他にもポリフェノールをはじめとする抗酸化物質が含まれるため、体の細胞を若く保ち、肌の老化を防ぐ効果も期待できます。

 

お肌に効く食材その2:「アーモンド」

お肌に効く食材その2:「アーモンド」

アーモンドに多く含まれるビタミンEは、抗酸化物質として体内で機能します。体内に摂取されたビタミンEは、体が老化物質を作る反応(糖化反応)を防ぎ、肌のたるみやシワを防ぎます。アーモンドには食物繊維やミネラルなどもバランスよく含まれ、体の代謝作用を助けて肌を健康に保ちます。腹持ちが良く栄養価にも優れたアーモンドは、食事の間に小腹が空いた時などにピッタリです。

 

お肌に効く食材その3:「ニンジン」

お肌に効く食材その3:「ニンジン」

“目の健康”に効く食材として有名なニンジンですが、お肌にとっても効果的。豊富に含まれるβカロチンは体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きをします。βカロチンは油に溶けやすい“脂溶性ビタミン”のため、サラダ油を使った野菜炒めなど、油と一緒に摂取するのがオススメです。

 

お肌に効く食材その4:「サケ」

お肌に効く食材その4:「サケ」

意外と知られていないサケの美肌効果ですが、その実力は計り知れません。サケには“DHA”を始めとする、体に有益な脂肪酸が多く含まれ、血液をサラサラにする効果があります。血行の改善によって肌の細胞へ栄養素が効率よく運ばれるようになるため、肌の弾力を高め、シワ予防などにも役立ちます。

サケには“アスタキサンチン”と呼ばれる赤色の天然色素も含まれています。このアスタキサンチンは抗酸化物質として強力に作用し、アンチエイジングに大変有効な栄養素なんです。お肌に、アンチエイジングに欠かせない素材と言えそうです。

 

お肌に効く食材その5:「キウイフルーツ」

お肌に効く食材その5:「キウイフルーツ」

キウイはビタミンCとビタミンEを併せ持った、まさに“美肌の特効薬”とも呼べるフルーツ。どちらの効果も、ここまでお読みいただいた読者の方にはもうすっかり、おなじみですね。ビタミンEの抗酸化作用はさらに、紫外線による肌のダメージを防ぐ働きもするため、日差しが強くなるこれからの季節にピッタリ。食物繊維・ミネラルなども豊富なキウイは、新陳代謝を改善し、若々しい肌を保つのにも貢献してくれるでしょう。

 

お肌の健康を保つには、日々のちょっとした心がけを積み重ねることが大切。これらの食材を意識して摂取することで、内面からのスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか。

 

参考:
20代男も「赤ちゃん肌」をめざす時代…女心は複雑

 5 Foods For Better Skin

美肌・ダイエット・老化防止…アーモンドは女子の万能食材だった!

10 Benefits of Carrots: The Crunchy Powerfood

スーパーフード!鮭の美容効果と効果的な食べ方

紫外線が増える季節、肌の”ビタミン E 補給”はできていますか?

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ