2013.04.04 Thu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男は“相手の感情”が読めない?

男は“相手の感情”が読めない?

 

人はストレスを感じた時、男女間で脳の物理的反応に違いがあります。この例に代表されますが、脳にまつわる男女の違いはそれだけにとどまりません。最近の科学実験によって、“男性は女性よりも顔の表情から感情を読み解くのが不得意である”ことが分かりました。相手の感情を理解するのが苦手であると同時に、他人への同情心を抱きにくいことも示す、とされています。

この違いの原因はなんと、私たちが生まれる前にまで遡ります。女性は母親の子宮内にいる時から、人の感情を読み解くために必要な脳の部位を発達させます。そのため、生まれた“瞬間”から人の表情をもとに感情を理解しようと試みます。一方で男性は、生後一年経ってようやく脳のこの部位を発達させ始めるため、この時点で既に女性との能力差ができるのです。

エディンバラ大学の研究者達によって行われた実験では、この事実をさらに裏付ける結果が。この実験では、人の表情を写した写真を見てその人物の親しみやすさを答える時、男女の脳内にどのような反応の違いが見られるかが測定されました。

実験で得られた脳のスキャンデータによると、男性の脳内では感情を読み取ろうとする部位の血流が、女性と比べてはるかに急速に流れているのが示されました。しかし解答に必要とした時間を男女で比較してみると、総じて男性の方が長いことが判明。この結果から、人の感情を理解する必要がある時、男性はその働きを担う脳の部位を酷使していると言えそうです。生まれ持ってのアドバンテージがそうさせるのか、この分野においては女性の脳に一日の長があるようです。

男性なら誰しもが一度は経験がある「相手の感情が理解できない」という悩み。脳科学の見地からみれば、それはある意味仕方のないことなのかもしれません。

 

参考:
Why men can’t tell what you’re feeling

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ