2013.02.18 Mon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男らしさの代名詞「筋肉」をつけるのに役立つオススメ食材5選

男らしさの代名詞「筋肉」をつけるのに役立つオススメ食材5選

いつの時代も変わらず、男らしさの象徴といえば、やはり「筋肉」。そもそも筋肉と男らしさのつながりを紐解くには、原始時代までさかのぼる必要があります。

筋肉質の男性が女性にとってなぜ魅力的なのかというと、狩猟していた原始時代から引き継がれている「遺伝子」が関係あると言われています。原始時代ではいかに狩りができるかが重要のため、男性には筋肉質であることが求められ、女性が男性を選ぶ上での基準の1つとなっていました。今では、男性がマンモスを狩る必要はなくなり、筋肉=生活力があるというわけではありませんが、現代の女性も遺伝子的に筋肉質な男性を求めているというワケです。

今回は、原始人のような体をつくるとまでは言いませんが、女性の遺伝子に訴えかける筋肉質な男性になるために欠かせない、「筋肉」をつけるのに役立つオススメ食材を5つ紹介します。

 

筋肉に効く食材その1:「牡蠣」

筋肉に効く食材その1:「牡蠣」

牡蠣に含まれる亜鉛は、筋肉の成長を促進させるテストステロンを生成させるのに必要不可欠な栄養素。このテストステロンは筋肉だけではなく、体脂肪減少にも効果的なので、ダイエットにもピッタリです。

 

筋肉に効く食材その2:「牛肉」

筋肉に効く食材その2:「牛肉」

牛肉といっても、オススメな部位は低脂質高たんぱくなヒレ肉。牛肉はたんぱく質を多く摂取することができるだけではなく、亜鉛も豊富に含まれているので、1つの食材で筋肉に必要な栄養をとれるムキムキ食材です。

 

筋肉に効く食材その3:「ブロッコリー」

筋肉に効く食材その3:「ブロッコリー」

体脂肪の蓄積を促し、筋肉の成長を妨げる女性ホルモンのエストロゲンを抑えるインドール-3-カルビノールという栄養素を持つブロッコリー。上記の効果に加えて低カロリーなため、筋肉量をアップさせたい人には欠かせない食材として知られています。

 

筋肉に効く食材その4:「にんにく」

筋肉に効く食材その4:「にんにく」

にんにくに含まれるアリシンという栄養素には、筋肉の天敵であるコルチゾールの働きを抑制する効果があります。このコルチゾール値が高いと、筋肉が分解されて体脂肪を増加させる原因にもなるので、にんにくを摂るのが筋肉の維持に役立ちます。 また、豚肉などのビタミンB1と一緒に摂取すると疲労回復の効果もあるので、筋トレで疲れたときに積極的に食べるよう心がけましょう。

 

筋肉に効く食材その5:「たまご」

筋肉に効く食材その5:「たまご」

筋肉をつけるために、たまごの白身だけを食べるという話を耳にしたことがある人もいると思いますが、実は黄身も筋肉をつけるのに効果的。特に、黄身に含まれるコレストロールはテストステロンを生成するのに必要な栄養素のため、体づくりには欠かせない食材です。

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ