2013.02.12 Tue
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いつもより1時間早く寝ると血圧が下がる?

いつもより1時間早く寝ると血圧が下がる?

世界で4人に1人が悩まされていると言われる高血圧。血圧を上げてしまう原因は、加齢や遺伝など、自分ではどうすることもできないものもありますが、ストレスも高血圧の原因のひとつですよね。できるなら自身でコントロールして、ストレスを減らしたいと思っている方に朗報です。睡眠をいつもより少し多く取るだけでストレスを解消でき、血圧を下げるということが、アメリカのハーバード大学医学大学院で行われた実験で証明されたそうです。

この実験では、毎日7時間かそれ以下しか寝ない高血圧の男女22人のうち13人に、いつもより1時間だけ早く寝る生活を6週間続けるように指示。残りの9人は、いつもと同じ睡眠時間で寝るようにしました。その結果、1時間だけ早く寝た13人は、いつもと同じように寝た9人と比べて、血圧が急激に低下したそうです。この実験から、睡眠でストレスホルモンを軽減することによって、血圧が下げるのではないかと言われています。

動悸、めまい、トイレが近いといった高血圧の症状が見られる人は、まずしっかりと睡眠を取ることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ