2013.01.28 Mon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トイレで健康診断ができる時代がくる?!

トイレで健康診断ができる時代がくる?!

トイレと言えば、ウォシュレットや暖房便座、節水機能とハイテクに進化を遂げてきました。今回紹介する「E-Urinal(現在コンセプト段階)」は、まさに未来のトイレ!といった佇まいの“健康管理ができちゃうトイレ”。センサーや上部にあるタッチスクリーンを操作することで、アナタの健康度が分かってしまいます。

「E-Urinal」は、便器上部にタッチパネルのヘルスチェッカーが埋め込まれているのが特徴です。使い方は簡単で、毎回パネルを起動させて、用を足すだけ。するとPH、白血球、タンパク質その他多くの成分を分析し、健康度を100点満点でスコア化して教えてくれる仕組みとなっています。

一般的に尿の色が濃くてだるいときは肝炎、強いアンモニア臭がするときは膀胱炎の可能性があるなど、尿の色や臭いは健康のバロメーターにもなります。しかしながら、毎日わずかな色や臭いの違いを察知することはなかなか難しいのではないでしょうか。

近い将来、自宅や公共のトイレが「E-Urinal」になれば、毎日ワンタッチで健康管理ができるトイレタイムが過ごせそうですね。

参考:http://www.yankodesign.com/2012/01/05/whats-your-pee-telling-you/

 

■オススメ記事はコチラ

 

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ