2013.01.18 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

寝ているときにカラダがビクっとするのはなぜ?

寝るときにカラダがビクっとするのはなぜ?

日々仕事に日忙しい男性は、通勤中の電車の中や会社のデスクなどで、ついウトウトしてしまうことも多いのでは? そんなとき不意にカラダが「ビクっ」として、思わず起きてしまったこと、ありませんか?

これはジャーギングといって、深い眠りに入る際に脳が混乱して、筋肉を収縮させる命令を送ってしまうために起こる現象だと言われています。ただ、なぜジャーキングが出てしまうのかという明確な原因は分かっていないとのこと。疲れているときや寝苦しいときに起こることが多いようですが、一説では、人間にはサルだった頃の記憶が残っており、眠りかけたときに筋肉が緩み始めると“木から落ちる”と錯覚した脳が、誤って筋肉を収縮させるのが原因だとも言われているそう。

言われてみれば、眠りかけでビクっとしている人の動きはお猿さんのそれに見えるような……。生理的な現象なので治療の必要性はないのですが、もしジャーギングが多発して不眠気味になるようなことがあれば、一度病院へ相談してみましょう。

 

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ