2014.05.20 Tue
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

基礎代謝をアップさせる4つのコツ

基礎代謝をアップさせる4つのコツ

 

知ってるようで意外と知らない「基礎代謝」の仕組み。前回の記事では、基礎代謝と私たちの生活との深いつながり、基礎代謝量を増やすことで得られるメリットについてご紹介しました。基礎代謝アップには、筋肉をつけることが効果的。ぜひとも筋トレを取り入れたいところですが、直接筋肉を鍛えるほかにも、少しの心がけで基礎代謝量アップにつながるコツがあるんです。

今すぐにでも始められる基礎代謝アップ方法を、4つご紹介します。

 

基礎代謝アップのコツ1 姿勢を正す

 

正しい姿勢をキープしましょう。仕事中、イスの背もたれにダラっと寄りかかって座ったり、猫背になったり……歪んだ姿勢になっていませんか? 自然に楽な姿勢をしてしまうのは、筋力が低下している証拠です。姿勢を正すことで普段使えていない筋肉を使うことができ、筋肉のエネルギー消費量が増えて基礎代謝アップにつながります。背もたれに寄りかからずにイスに座る、胸を張りヒザを伸ばして大きめの歩幅で歩くなど、正しい姿勢を心がけましょう。

 

基礎代謝アップのコツ2 たんぱく質を摂る

 

基礎代謝アップのためには、たんぱく質の摂取が欠かせません。たんぱく質は筋肉を作るための基礎。食事にとりいれることが筋肉をつける手助けになります。またレバーや大豆製品などは、たんぱく質だけでなくたんぱく質の代謝をうながすビタミンB2・B6も含まれており、相乗効果が期待できるのでオススメです。

 

基礎代謝アップのコツ3 しっかり睡眠をとる

 

睡眠も重要です。睡眠中は成長ホルモンの分泌が活発になり、たんぱく質の合成が進んで筋肉や骨がつくられます。基礎代謝に欠かせない筋肉がつくられる時間≒睡眠というわけです。日中の活動で疲労がたまった筋肉をメンテナンスするためにも、良質な睡眠をとる習慣をつけましょう。

 

基礎代謝アップのコツ4 肺活量を増やす

 

肺活量を増やすことも効果的だと言われています。肺活量が増えると心肺機能が高まり、心臓や肺が活発に働いて、より多くの血液や酸素が体内に運び込まれます。その結果、身体の各部が活発に動いて基礎代謝がアップ。肺活量を増やすためには、運動が効果的なのはもちろんですが、深呼吸するだけも効果が期待できます。1日1回深呼吸、試してみてください。 

 


 

ご紹介した4つのコツは、実は相互に関わりあっています。姿勢を正すことは肺活量アップにつながり、良質な睡眠のためには食事でたんぱく質を摂る必要があります。基礎代謝アップには、少しの心がけを積み重ねることが欠かせません。できるところから取り組みましょう。

 

参考:

基礎代謝が気になったら

基礎代謝を上げる姿勢と座り方

基礎代謝アップが健康のカギ

基礎代謝をアップし、脂肪をためない食事をしよう!

 

Photo by Thinkstock/Getty Images 

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ