2013.12.20 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

厳冬を吹き飛ばせ!

身も心も温まるデキるオトコの絶品鍋3選(7/7ページ)

 

こく旨八丁味噌で牡蠣味噌鍋のシメにはこれがおすすめ

味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどん

[味噌煮込みうどん 3〜4人分]

きしめん
1玉
1個
刻みネギ
適量

 

1.具が少なくなった鍋を火にかけ、ふつふつとしてきたら、きしめんを入れて煮込む。(濃い場合は水やお湯を足す)
2.きしめんに火が通ったら、溶いた卵を加え、ネギを散らして完成!

 

牡蠣に味噌に、エキスたっぷりのスープは煮詰まるごとにさらに濃厚な味わいに。お好みの濃さに調整しつつも、少し濃いと感じるくらいがオススメです。溶き卵のまろやかさがいい按配の味に仕上げてくれます。平打ちのきしめんがとろとろのスープによく絡んで、余すところなく楽しめます。

食べた後は、カラダにチカラがみなぎるのが実感できるはずです。正月休み明けでダラけたカラダと心に喝を入れてくれますよ! 風邪かな、と思ったらこの鍋を思い出してみてください。

 


 

鍋というとどうしてもワンパターンになりがちなもの。その手軽さが魅力ではありますが、今回紹介した3種のように、アイデア次第でかなり本格的な鍋ができちゃいます。どれもこれからの季節にこそ楽しんでいただきたいレシピです。ぜひ、家族や友だちに“ひとつ上の鍋”を披露して、デキるオトコの鍋奉行になってくださいね!

 

[監修 中山咲子(なかやま・さきこ)]

京都でフードコーディネータを務める。HACOBU KITCHENでシェフとして料理をふるまう傍ら、企業などのまかないシェフとしても活動。その腕から生み出される料理の数々は、老若男女問わずファンが多い。

 

気になる鍋をもう一度チェック!

>>パーティにピッタリ! 見た目も楽しい洋風鍋 パエリア風海鮮トマト鍋

>>宴会続きのカラダをいたわる滋養鍋!

>>鍋を食べて芯から風邪知らずの強いカラダをつくる!

 

■オススメ記事はコチラ

 

前へ 4 5 6 7

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ