2013.09.12 Thu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

読書の秋!

今だからこそ読んでほしいオススメ健康本7選(8/8ページ)

 

新しいダイエットのキーワードは「頑張らない」こと!?

 

新しいダイエットのキーワードは「頑張らない」こと!?

頑張らなくてもやせられる!メンタルダイエット
著者:木村 穣
発行:ソフトバンククリエイティブ

 

幾度となくダイエットに挑戦、その度に減量とリバウンドを繰り返し、痩せることをあきらめてしまった人に希望の光となりそうな本が。『頑張らなくても痩せられる!メンタルダイエット』では「認知行動療法」という新しいメソッドを取り入れ、通常のダイエット方法よりはるかに高い減量効果を発揮するという「メンタルダイエット」を提唱しています。

筆者は、肥満症の専門医でもある木村穣さん。所属する病院の肥満外来で「メンタルダイエット」を採り入れ、大きな成果をあげています。噂を聞きつけた患者が次々に来院し、予約は1年待ちとか。これは期待できそうですね。

 

小さな目標を達成すれば痩せられる「行動認知療法」

本書のキモは、心理療法である「認知療法」と「行動療法」を組み合わせた「認知行動療法」をダイエットに取り入れたことにあります。「認知行動療法」とは自分のなかにある“思い込み”に気づき、行動を主体的に変えていく手法です。ダイエットに成功しない人は「自分は痩せにくい体質なんだ」と思い込みがち。しかしそれは、ただ失敗が積み重なってできた、根拠のない思い込みである場合がほとんどです。そうした“間違った思い込み”に気づき、誰かに強制されてイヤイヤやるのではなく自らの思いで行動することが重要だと、筆者は言います。小さくても確実な成功を積み重ねることで、“間違った思い込み”が正され、さらに主体的に行動ができるのだそう。

 

アレもコレもしなくていい! 痩せを引き寄せるダイエット

話題となった大きな要因は、ダイエットする人を“生身の人間”として捉え、“無理をしなくてもいいダイエット”を提唱しているところにあります。制限つきの強制的なダイエットではなく、自分が主体となって「できることからコツコツとやるべきだ」、と教えてくれます。大切なのは「ゆっくり、じっくり、できる範囲で太らない生活習慣を続けていく」こと。

また本書には、“無理をしなくてもいい”ダイエット方法が多数紹介されています。中には「体重計には毎日乗らなくてもいい」と、ダイエット経験者が思わず目を疑うような方法も。ダイエット中には体重がなかなか落ちなくなる「停滞期」があり、この期間に無理をして体重を量り、無駄にショックを受けて“間違った思い込み”を抱くくらいなら、体重計に乗らない日があってもいいというわけです。いずれのダイエット法にもすべからく共通しているのは、「人の心からアプローチして成功に導く」ということ。今までに、このような温かい眼差しで応援してくれるダイエット本がほかにあったでしょうか?

 


 

痩せることをあきらめてしまったみなさん、あきらめたところでダルダルのお腹は変わりません。本書を片手に、メンタル面からのアプローチで再チャレンジ、やってみる価値は十二分にあると思います。

 

この秋に読んでほしい健康本7選、いかがでしたでしょうか。これらの本から手に入れた知識はきっと、あなたの健康ライフの強い味方になってくれるはずです。しかし、知識を仕入れただけで満足してはいけません。大切なのは、それを実践することです。食欲の秋、ダイエットの難易度は上がりそうですが、一方で読書の秋、知識を吸収するにはピッタリの季節です。ぜひアナタの健康生活に役立ててみてください。

 

気になる健康本をもう一度チェック!

>>1冊目 あなたは医者にだまされている!? 現役医師が語る衝撃の健康本

>>2冊目 医者いらずのカラダを作る究極のごはんレシピを皆伝!

>>3冊目 さらば曲がった背骨 猫背を直してスタイルアップへ!

>>4冊目 オトコの若さを保つ秘訣はインドの伝承医学にあり!?

>>5冊目 人が病気になる原因って!? 不調と無縁のカラダを目指そう!

>>6冊目 努力家の腸と体たらくな脳 意外すぎる真実に驚愕!?

>>7冊目 新しいダイエットのキーワードは「頑張らない」こと!?

 

■オススメ記事はコチラ

 

前へ 5 6 7 8

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ