2013.05.07 Tue
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

~美人心理カウンセラーに聞く~

五月病を解消する3つのヒント(1/5ページ)

ゴールデンウィークはいかがでしたか? 今年は暦もバッチリで、10連休を満喫した方もいるのでは。でも5月といえば、ちょっと気になるのが、五月病。オンとオフのギャップが激しい連休明けこそ気を付けたい、この季節の風物詩。「自分はメンタル強いから関係なし」なんて人も油断大敵! 

~美人心理カウンセラーに聞く~ 五月病を解消する3つのヒント

「誰もが、なるんです」

 

そうクールに言い放つのは、“美人”心理カウンセラーの松山真己先生。先生いわく、「特に、目標達成に向かって一所懸命がんばれる人や、真面目にコツコツ派の人がなりやすい症状」らしい。真面目にがんばった結果が五月病なんて……ツラすぎます。

今回はそんなツラ~い五月病の解消方法を、やさし~く教えていただきました。先生いわく、まず頑張った自分をゆっくり休めてあげることが大切とのこと。その上で、解消のヒントになるのは、「恋」と「色」と「食」の3つのキーワード。恋? 色気? 食い気?…… なにやら謎めいた五月病解消のヒント、早速ひも解いていきましょう。

 

監修:松山真己

 

臨床心理カウンセラー。心の健康と美の研究所Calix主宰。株式会社CIELO取締役。デザイン学校の講師を7年間務め、臨床心理家に転身。アートセラピー、産業カウンセリング、臨床心理学を学んだ後、NYアッカーマン研究所で家族療法のトレーニングを受ける。また、サンフランシスコ・セイブルック大学院ではヒューマニスティック心理学を学ぶ。得意分野は、心理カウンセリング、コミュニケーション教育、カラーセラピーなど。企業やメディアでの心理テスト作成・分析にも多く携わる。
心の健康と美の研究所Calix: http://www.calix.jp/

 

 

>>五月病は、誰もがかかる“ココロの状態”

>>(ヒントその1) 五月病を癒してくれるのは、穏やかな恋!

>>(ヒントその2) オススメは、赤いパンツとパステル系のアイテム!

>>(ヒントその3) 旬の食材を食べて、元気&エネルギーを補給!

 

■オススメ記事はコチラ

 

1 2 3 4 5 次へ

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ