2013.04.02 Tue
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

受けて終わりじゃダメ!

年に一回、健康診断を受けるワケ(3/6ページ)

●原因はアルコールばかりじゃない?……肝機能編

原因はアルコールばかりじゃない?……肝機能編

――つきあいやストレス発散でついつい量が増えてしまう、お酒。お酒の飲みすぎで肝臓に負担がかかるのはわかります。でもお酒をあまり飲まないのに、肝機能に悪影響が出る人がいるのはなぜ?

船津 肝機能に異常が出る理由はアルコールばかりではないのです。健診の肝機能検査の中で、GOT、GPT、γ-GTPの3つに注目しましょう。肝臓病の兆候を発見することができますよ。

GOT……主に肝臓と筋肉に含まれる酵素。肝臓だけでなく筋肉の病気で値が上がることもあります。代表的なものでは心筋梗塞になると、GOTが異常値になります。アルコール性肝障害の場合も異常値が出ます。お酒を飲む人でGOTが異常値だと、すでに肝臓が悪くなっていると考えてよさそうです。

GPT……肝臓に多く含まれる酵素で、異常値が出た場合は肝臓病の可能性が高いです。その際はGOTよりも値が上がりやすいのも特徴です。

γ-GTP……細胞の膜にある酵素で、肝臓や胆道に異常があるときに値が高くなります。胆石発作や、アルコールの取りすぎで異常値が出やすい値。お酒を飲みすぎている人はこのγ-GTPが飲酒量に応じて上がることが多い。ほかの肝機能項目が正常値でもγ-GTPが異常であれば、要注意です。

 

船津 若い人がなりやすい肝臓病は、脂肪肝。脂肪肝の原因は、主にアルコールと肥満です。その脂肪肝の中でも進行するタイプがあることが、ここ数年の研究でわかってきました。NASH(非アルコール性脂肪肝炎)と呼ばれるもので、肝臓に炎症がおこり、肝硬変や癌も引き起こします。脂肪肝があって肝機能が高い人は危険ですね。これは日本でも増え続けている病気。脂肪肝を見つけるにはエコー検査が必要なので、若くても肝機能が高くて太り気味だったらエコー検査を受けましょう。

――肥満体型だけでも脂肪肝になりやすいとは。これは気をつけないといけません。食べすぎない、飲みすぎないようにしないと……なかなか大変です。

船津 痩せれば脂肪肝も改善に向かいますよ。それから、エコー検査を受けたら、念のために肝炎ではないかどうかも、担当医師に確認してください。肝炎は肥満とは関係ありません。脂肪肝だったと思っていたのが肝炎だったとなると、治療法が変わってきます。最近は衛生管理もしっかりしているのでB型肝炎、C型肝炎に感染する確率は少ないですが、一応確認しておくといいでしょう。

 

>>お酒の飲みすぎは肝機能だけではなく、腎機能にも影響が

 

■オススメ記事はコチラ

 

前へ 3 4 5 6 次へ

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ