2013.04.02 Tue
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

受けて終わりじゃダメ!

年に一回、健康診断を受けるワケ(1/6ページ)

なんのためにあるの? 健康診断

なんのためにあるの? 健康診断

社会人にとっての4月の恒例行事といえば? クラス替えでも席替えでもなく、そう、「健康診断」ですね! 夢がない? いえいえ、そんなことはありません。社会人たるもの、自分の健康管理ぐらいは当たり前。その手助けをしてくれるのが、年に一度の健康診断なのです。

会社に言われて仕方なく受けたものの、後日診断結果を受け取ったらさっさと引出しに入れてしまう……実はそれってとても危険な行為。健康診断はあなたの10年後、20年後の体に警告をしてくれているんです。そんな健康診断の本当の目的について、「ひと目でわかる!健康診断(小学館)」著者である、三越診療所・所長の船津和夫先生にお伺いしました。年に一度、自分の健康を見直せる貴重な機会と捉え、めんどくさがらずに有効活用しましょう!

[プロフィール]
監修:船津和夫

 

公益財団法人三越厚生事業団三越診療所所長。慶應義塾大学医学部卒業。トロント大学病理学教室に留学。東京歯科大学内科助教授を経て、1995年より三越総合健診センター所長に就任。2008年より現職。日本内科学会認定医、日本消化器学会認定医、日本肝臓学会専門医、人間ドック健診医ほか。著書に「二次検査・精密検査がわかる検査の手引き」(小学館)、「生活習慣病を克服する」(ライフ・サイエンス社)、「ひと目でわかる!健康診断」(小学館)などがある。

 

>>そもそも健康診断の目的とは?

>>原因はアルコールばかりじゃない?……肝機能編

>>プリン体の摂りすぎに要注意!……腎機能編

>>食事のバランスと運動で予防可能……血中脂質編

>>血糖病の前兆を感知……血糖編

 

■オススメ記事はコチラ

 

1 2 36 次へ

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ