2013.01.07 Mon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目指せ強い心の持ち主!

心を鍛えるお悩み相談室(9/12ページ)

強くなろうとするのではなく、弱くてもやさしくなりたい

Twitterでのコミュニケーションを通じて、自分で分析する以上の“強さ”を身につけてきた春名さん。彼女が誰にも臆さない心を持てるようになったのは、「人間の“弱さ”を理解できる人こそ、本当は強い」と身をもって知ったからのようです。

子役俳優/春名風花さん(はるかぜちゃん)

「ぼくは、強くなくてもいいから、やさしい人になりたいです。弱くても、やさしい人だったら、相手の気持ちを考えることができると思うから。だから、もし『自分は心が弱い』と悩んでいる人がいたら、『強くなくてもいい。弱いままでもいい』と言ってあげたいです。

ただやさしくあれば、それだけでもう、素敵な大人だと思います。だから、ぼくは、やさしい人になりたいです。

『弱いから、わかること』。そういうものがあるって、ぼくは思います。自分が弱かったら“傷つく痛み”を知っているはずで、他人の立場にもなれるはずです。やさしい心を持っていれば、たとえ心が弱いままでも、『弱いからこそできること』が絶対にある。そう思っています。

それに、自分がやさしい気持ちで接していれば、相手もやさしくなってくれることもあります。ぼくを叩いた人のなかにも、きちんと話せば、わかってくれる人がいるように――。きっと、想いは伝わる、と思います(ω)」

 

春名風花さんの心の鍛え方

相手の気持ちを推測し、感情的にならず、物事に正面から向き合う。さらに自分の弱さを知り、他人の弱さを想える“やさしさ”が、心を強くする!

 

 

 [プロフィール]

春名風花。“はるかぜちゃん”の愛称で知られる子役俳優。テレビはもちろん、映画やCMなど、さまざまな舞台で活躍中。自身のTwitterのつぶやきをまとめた『はるかぜちゃんのしっぽ(ω) 』も好評発売中。

 

公式HP:http://www.smile-monkey.com/profile/haruna_fuuka.html

公式Twitter: https://twitter.com/harukazechan

取材/あつしな・るせ

 

>>坊主バー マスターの藤岡さんの心の鍛え方とは?

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ