2013.01.07 Mon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目指せ強い心の持ち主!

心を鍛えるお悩み相談室(5/12ページ)

日本人男性は失敗を恐れずに、もっと自信を持って!

大胆なところはとことん大胆に。でも普段は細やかに突きつめていく。村主さんのエピソードを通して、このバランス感が大切なんだと気づかされますが、さらにインタビューを進めていくと、日本人の男性こそ、このバランス感覚が長けているのでは?という話に。

プロフィギュアスケーター/村主章枝さん

「日本の男性も”草食系”なんて言われて久しいですが、とても細やかだと思いますよ。草食系も相手のことを気にするがゆえに主張できない、という面があるんじゃないかって。海外の人は、空気を読むってことがないですからね。“ほんとに空気読んで!”って思うこと、たくさんあります(笑)。そういった意味でも日本の男性はすごく優しいと思いますよ。

今私はサニーサイドアップで社員として働いていますが、会社勤めをするようになって改めて日本の男性ってすごいなって思うところがたくさんあって。女性だと比較的、友だちとか横のつながりを気にするじゃないですか。でも男性って、横はもちろんのこと、上司や先輩っていう縦のつながりも気にしながら生きていかなきゃいけない。これって本当に大変だと思いますよ。

プロフィギュアスケーター/村主章枝さん

一方で、女性の嫉妬より男性の嫉妬の方が怖い、というように、根っこの部分では男性の方が気持ちが熱いと思う。その気持ちを、周りの空気を読みすぎた結果、表に出せなくてフラストレーションに感じてるだけなのかなって。だから、日本人男性は失敗を気にせずに、もっと自信を持っていいと思います!」

 

好きなことを続けていくことが大切

プロフィギュアスケーター/村主章枝さん

「自分に自信がない」と語った村主さんが、度重なるケガや試練にもめげずに前を向き続けていられるのは、好きなフィギュアスケートを続けていきたいからという強い想いがあるから。

「いろいろ調子が崩れている中でも、スケートっていう”好きなモノがある”ってことがモチベーションや自信につながっていると思っています。ただ、長く続けていると自分のことだけではなく、責任も出てくる。約束してきたこともありますし、自分がスケートを続けていられるのは、周りの支えがあるからで、やっぱりそこを無視して自分だけが突っ走っていくわけにはいかない。

だからフィギュアスケートを通じて、社会貢献していきたいというのが目標ですね。エンターテインメントとして“観に来てよかった!”って思ってもらえるものであったり、明日からがんばろうって思える活力になるものであったり、はたまたボランティアであったり……どんな形であれ、心を豊かにするものを伝えていければいいなって思っています」

 

村主章枝さんの心の鍛え方

徹底的に準備をしたら、あとは開き直ってどんな結果だろうと自分をほめてあげる。これがプレッシャーにも負けない強い心を作ってくれるはず!

 

 

 [プロフィール]

村主章枝。2005年ソルトレイクオリンピック5位、トリノオリンピック4位入賞を果たし、現役最年長プロフィギュアスケーターとして2014年ソチオリンピック出場を目指す。

 

公式サイト:http://sugurifumie.jp/

公式Twitter: https://twitter.com/fumiesuguri

 

>>春名風花さんの心の鍛え方とは?

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ