2013.01.07 Mon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目指せ強い心の持ち主!

心を鍛えるお悩み相談室(4/12ページ)

挫折と苦難を重ねて分かった、気持ちの切り替え術

慣れきってしまった習慣やペース、目の前の不安要素、そして刻み込まれたトラウマといったネガティブ要素を乗り越えていくには、その“気持ちを捨てる”ことが大切だと言います。

プロフィギュアスケーター/村主章枝さん

「アスリートの場合、大切な試合に合わせて自分のコンディションを最高の状態に持っていく“ピーキング”を行います。私ももちろん、練習を通して自分のコンディションを整えていくんですが、20代前半でやっとつかんだリズムが、20代後半、そして30代に入って、合わなくなってしまったんです。やはり若い時と比べて回復力が落ちて、練習の分量であったり、どこを休息期に持ってくるかというリズムを変えざるを得なくなってしまった。そのことでも今結構、苦労をしているんですが、スケートを続けると決めたからには乗り越えなきゃいけないとういうか。

こう言うと常に前向きに考えているように受け取られるかもしれませんが、過去にとらわれていることが多いとコーチから言われることもあるんです。度重なるケガがトラウマになっていて、それを思い出した影響で失敗するということもよくあります。

プロフィギュアスケーター/村主章枝さん

スケートはフィジカルな面はもちろんですが、メンタル面もすごく影響が出るスポーツなんです。ネガティブになってダメかもって思うと、リズムが崩れてジャンプを失敗してしまう。だからこそポジティブにならなきゃ!って思うワケです。

4分間の中でジャンプがいくつかあって、1つ失敗するとその後立て直すことがすごく大変なんですよ、精神的に。特に最初のジャンプを失敗するとサイアクです(笑)。その時どうするのかというと、気持ちを捨てるようにするんです。終わったことだから、気にしない。気にしていたら次に影響が出てしまうから。

ショートだと2分50秒、フリーで4分間という短い時間の中で一瞬にして切り替える。ここに性格がすごく出ますね。「まぁいいか」っておおざっぱなくらいが、何事も意外とうまくいくんじゃないかって思っています。

 

>>日本人男性は失敗を恐れずに、もっと自信を持って!

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ