2016.06.29 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

痛風ってそんなに痛いの!? 恐怖の激痛エピソードから予防方法まで(1/3ページ)

 

main

 

「痛風になったらものすご~~く痛いらしい」

「読んで字の如く、風が吹くだけで激痛が走るらしい」

一度は耳にしたことがあるであろう、痛風のウワサ。でも具体的にはどこがどうなる病気なのか、イマイチよくわからないという人も多いのでは。

「ぜいたく病」とも呼ばれるこの病気。大酒飲みで美食家の中高年男性がなるもので、自分にはカンケイない話……と思っていませんか? とんでもない! 近頃は20〜30代の男性にも痛風患者が増えています。というのも、現代は昔の貴族なみに食生活が豊かになり、飲酒や過食に加えストレスも増大。痛風の発症リスクがかつてなく高まっている時代なんです。現代人×男性×ビジネスマンの条件を満たしているあなたはすでに危険度大!

一度患うと生涯を通して苦痛にさいなまれる痛風。予防するには正確な知識が必要です。今回は痛風研究の第一人者・痛風財団の鎌谷理事長に取材し、痛風とは何か? いかにして予防すれば良いのか? をうかがいました。

 

profile0629

〈監修者プロフィール〉

監修:

公益財団法人痛風財団理事長、株式会社スタージェン会長 鎌谷直之

1973年東京大学医学部卒業後、東京大学附属病院、東京女子医科大学などで臨床医として活躍する一方、痛風や関節リウマチ、遺伝代謝病などの研究に取り組み600以上の論文を発表。現在は株式会社スタージェン会長を努め、統計解析に基づいたヘルスケアを提案する。

 

 

<目次>

>>>痛風の激痛エピソードから、痛みの原因・メカニズムまで

>>>食事や飲酒、運動、ストレス管理……痛風を予防する生活の七カ条

 

■オススメ記事はコチラ

 

          

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ