2015.02.27 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

その不調、ストレスのせいかも? ストレスがカラダに与える悪影響(1/5ページ)

その不調、ストレスのせいかも? ストレスがカラダに与える悪影響

 

ストレス対策、あきらめていませんか?

ストレス社会と呼ばれて久しい現代、ストレスを根絶やしにすることは難しい問題です。「あるもの」として受け入れ、上手に付き合うことができれば、それに越したことはありません。しかし私たちの日常では、小さな衝突から大きな問題まで、大小のストレスを無視して暮らすこともまた、難しい問題です。

だとしても、あきらめてはいけません。たかがストレス、されどストレス。当たり前の存在として受け入れていたつもりが、アナタの体を蝕んでいたなんてことも……。

「最近寝つきが悪いんだよなー」
「すぐお腹こわしちゃう……」

何気ないその不調、ストレスのせいかもしれません。受け入れてしまいたい、だけど放っておくとかなり危険なストレス。ストレスが体に与える悪影響をしっかり知ったうえであらためて向き合ってみませんか? ストレスにまつわる多数の著書をお持ちの精神科医・西多昌規さんに監修いただき、ストレスが私たちの生活に、体の不調に与える影響をあらためて調べました。

 

[監修 西多昌規(にしだ まさき)]

[監修 西多昌規(にしだ まさき)]

精神科医・医学博士。自治医科大学講師。1970年、石川県生まれ。東京医科歯科大学卒業。国立精神・神経医療研究センター病院、ハーバード大学医学部精神科研究員などを経て、現職。日本精神神経学会専門医、睡眠医療認定医など、資格多数。これまでに数多くの患者を臨床現場で診察するだけでなく、精神科産業医として、企業のメンタルヘルスの問題にも取り組んでいる。著書に「ストレスが消える朝1分の習慣(フォレスト出版)」など多数。

 

>>>ストレスが心と体に悪影響を与える仕組みとは?

 

■オススメ記事はコチラ

 

1 2 3 4 5 次へ

         

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ