2014.05.08 Thu
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仕事のストレスを解消する! 脱・自分を苦しめる10の常識⑩

「あきらめてはいけない」(1/1ページ)

仕事のストレスを解消する! 脱・自分を苦しめる10の常識⑩/「あきらめてはいけない」

 

OKラインメンタルトレーナーとして活躍する森川陽太郎さんに聞く、仕事のストレスとの向き合い方。ヒントは「ストレスを受け入れる」「自分の幸せと仕事を結びつける」こと。それらを邪魔するのが”自分を苦しめる10の常識”です。この連載では、その常識を裏切り、ストレスと正しく向き合うための”非常識メンタル術”を提案します。今回紹介する、苦しめている常識は「あきらめてはいけない」

 


 

何かをあきらめることは勇気が要ります。あきらめないでがんばることが美徳とされることは多く、それは努力して結果が伴わなかった時にも「あきらめずにがんばったこと」として評価されがちです。しかし、なかなか目標を達成できない時ほど、「あきらめずにがんばることが成功に繋がる」という考えにハマってしまいがちです。本当は「目標を達成する」ということが目的なのに、「あきらめてはいけない」という常識に囚われすぎて本質からずれていることが多くあります。特に、その対象が困難であればあるほど結果に繋がらず、ストレスになってしまうことが多いのです。なにかうまくいっていないことがあるのなら「あきらめる」という選択肢を持つことも大切です。

たとえば自身のサイトに集客したいと思った時に、考えに考え抜いて周りを説得した、とっておきの策でチャレンジしていたとします。自信があるときほど「結果が出ていない」という事実は受け入れがたいものですが、冷静に現実を見つめ、「続ければいつか結果が出る」と考えるのではなく、結果が出ていない以上、別のアプローチを考えてみることも必要です。「あきらめてはいけない」という常識にとらわれなければ、集客方法を変えてみたり、自身で集客すること自体はあきらめて、集客を得意とする人や企業と手を組むなど、思い切った発想の転換も出てくるはずです。

これは恋愛にも置き換えられます。自分の好きなタイプがはっきりしているからといって、理想を追い求めすぎると、なかなか出会うことがなかったり、理想の人だと思っていても付き合ってみると「違った」ということがあるかもしれません。恋愛や結婚生活がうまくいっている人に聞いてみても、はじめから「自分にはこの人しかいない」と思える人と出会い、良い関係を築けているという人はあまり多くはないはずです。まずは、自分の恋人に対する条件を3つだけに絞り、それに当てはまる人なら興味をもって接してみることも大切です。そうした中で多くの可能性を広げ、良きパートナーに出会うことができると思います。

「あきらめてはいけない」という常識に囚われてしまうと、ほかの方法を失う可能性があります。ひとつのやり方に固執せず、周りの目を気にしないで自分にあった方法を見つけるためにも、時にはあきらめることも肝心です。

 


 

10回にわたって連載してきた「仕事のストレスを解消する! 脱・自分を苦しめる10の常識術」も今回で終了です。これまで紹介してきた「常識」は一見、社会人としての生活を円滑にしてくれそうなものばかり。事実、そのとおりの役割を果たしてくれることもありますが、それにとらわれ過ぎると失うものがある。そんな気付きを得ていただけたなら、幸いです。

仕事にストレスはつきもの。いろんな見方を持つことで心身への負担を下げ、うまく付き合っていきましょう!

 

<仕事のストレスを解消する! 脱・自分を苦しめる10の常識>

「ポジティブに物事を考えなくてはいけない」 「嫌いな人のいいところを見つけて好きになろうとしなくてはいけない」 「ストレスをなくさなくてはいけない」 「愚痴を言ってはいけない」 「みんなと仲良くしなきゃいけない」

「努力をしなくてはいけない」 「自分は恵まれていると考えなければいけない」 「人と争ってはいけない」 「自分を天才だと思ってはいけない」 「あきらめてはいけない」

 

 監修 森川陽太郎(もりかわ・ようたろう)
株式会社リコレクト代表取締役/OKラインメンタルトレーナー
1981 年東京生まれ。元サッカー選手。スペインやイタリアでプレー。その後心理学やメンタルトレーニングを学び、27歳で株式会社リコレクトを設立。「OKラインメンタルトレーニング」という独自のトレーニング方法を展開。様々なスポーツの日本代表選手をサポートし、ミス・ユニバース・ジャパン講師や大手企業研修など多方面で活躍中。
ホームページ
公式ブログ

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

       

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ