2013.12.25 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男の1week“食べ回し”FOODまとめ

早く帰れた日に、もう一手間! 食べ回しFOOD中級編(5/5ページ)

4: 「ひじきの煮物」(2013年8月公開)

4: 「ひじきの煮物」(2013年8月公開)

 

和食の定番「ひじきの煮物」。難しいと思われがちな和食ですが、この「ひじきの煮物」は、材料に火を通すだけの簡単レシピです。甘辛く煮込まれた味わいに、ご飯が進むこと間違いなし。また、ひじきはミネラルや食物繊維が豊富に含まれているので、健康面でも積極的に食べたい食品のひとつですね。清潔な容器で適切に保存して冷蔵庫で3〜5日くらい日持ちします。小分けして冷凍が便利です。

 

[ひじきの煮物]

乾燥ひじき
10g(約大さじ3)
にんじん
1/4本~1/3本(50g)
油揚げ
1枚
大さじ1
だし汁
1カップ

 

(調味料A)

しょうゆ
大さじ2
みりん
大さじ2
砂糖
大さじ2

 

[作り方]

1. ひじきを水で戻す。にんじんは細切り。油揚げは熱湯で1〜2分茹でて油抜きし、5mm幅の短冊切りにする。
2. 鍋に油を熱し、にんじんを炒める。水気を切ったひじきと油揚げを加えさらに炒める。
3. Aを水気を飛ばしながら煮つめる。
4.器に盛って粗熱がとれたら完成!

 

 

食べ回しMENUその1:ひじきおにぎり

食べ回しMENUその1:ひじきおにぎり水分が多すぎるとうまく握れないので、ひじきの煮物は煮汁をよく切っておきましょう。また、ひじきや海苔は、カルシウム、カリウムなど海のミネラルが豊富です。海草類に含まれる食物繊維は、炭水化物の吸収を穏やかにしてくれるので、ダイエット中の人も安心ですよ。

>>詳しい作り方はコチラ

 

食べ回しMENUその2:ひじきつくね

食べ回しMENUその2:ひじきつくねつくねのタネは粘りが出るまでよく混ぜることでまとめやすくなり、焼いている途中に形が崩れてしまうのを防ぎます。つくねに使う鶏肉はビタミンAが豊富。粘膜や皮膚をきれいに保つ効果があるのでお肌を気にする人は意識して食べたい食品です。照り焼きダレは焦げやすいので、火加減に気をつけてくださいね。

>>詳しい作り方はコチラ

 

食べ回しMENUその3:ひじきサラダ

食べ回しMENUその3:かぼちゃのクリームパスタレンコンはアクがあるので、薄切りにしたあとお酢を混ぜた水にしばらくつけておきましょう。アクのエグみが抜けて食べやすくなります。レンコンは噛むとネバネバ成分が出てきます。これは「ムチン」という成分で、胃腸の保護や滋養強壮に効果があります。

>>詳しい作り方はコチラ

 


 

健康的な食生活のためには、さまざまな栄養素をバランスよくとることが重要です。中級編では、ごぼうやひじきなど、料理慣れしていないと使うのに躊躇してしまうような食材も、簡単にとりいれられることがお分かりいただけたかと思います。ひと手間で得られるおいしさや健康効果を考えたら、ためらう必要はないですよね。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

最終回の上級編では、さらにグレードアップしたレシピをご紹介いたします!

 

早く帰れた日に、もう一手間! 食べ回しFOOD中級編
気になるメニューをおさらいしましょう!

>>1: ピリっと後引くうまさの「牛肉とごぼうの甘辛煮」

>>2: 体もポッカポカ「しっとりゆで鶏」

>>3: ヘルシーなのに腹持ちも良い「しっとりマッシュポテト」

>>4: 「ひじきの煮物」でミネラル補給!

 

男の1week“食べ回し”FOODまとめ 

>>帰宅後でもラクラク! 食べ回しFOOD初級編

>>週末にしっかりこだわる! 食べ回しFOOD上級編

 

 

■オススメ記事はコチラ

 

前へ 1 2 3 4 5

    

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ