2013.11.08 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カラダが欲する健康スポット選

登って心身を鍛えぬく! 日本全国神社仏閣石段登りチャレンジ3選(3/4ページ)

金刀比羅宮/香川県仲多度郡琴平町

金刀比羅宮/香川県仲多度郡琴平町

『金毘羅(こんぴら) 船々追風に 帆かけてシュラシュシュシュ』という民謡はご存知ですか? 寺社参拝が庶民の娯楽だった江戸時代、現在の岡山県や兵庫県の港から、香川県の金刀比羅宮(ことひらぐう)へ向けて渡る船の船頭さんが歌っていたそうです。平安時代にはすでに現在の場所にあったという金刀比羅宮。全国有数の由緒ある神社です。

金刀比羅宮といえば、参道の石段がとてつもなく長いことで有名ですよね。段数は785段、健康な大人が登ったとしても40分はかかります。創建当時は山頂のお社をめざし、みな山道を登っていたのですが、江戸時代、全国の参拝者が増えるにつれ、利用しやすい石段が築かれ、参道は整備されていったそうです。

果てしなく続く石段ですが、上りは段が高く幅が狭く、下りは段が低く幅が広くなっています。少しでも参拝者が歩きやすくなるようにという気遣いなのだとか。毎日通っている神職のみなさんにお話を聞くと、だんだん登るスピードが速くなり、息が上がらなくなるのを実感されるそうです。まさに継続は力なり。通勤がこんなに良いエクササイズになる職場も、珍しいのではないでしょうか。785段登った先にある御本宮よりさらに上に、奥社(おくしゃ)という建物もあります。そこまでたどり着くには583段登る必要がありますが、より高みを目指して、石段登りを極めてみるのも良いかもしれません。

石段を登る途中には清少納言の墓や、桜の馬場、高橋由一の美術館など見どころ満載です。見事石段の魅力にハマった方には、さらなるやりがいのある情報も。金刀比羅宮の石段、実は786段あるんです。「786」が「なやむ」と読めるので、1段下げて785段にしているのだそう。どこで1段少なくなるのか、数えながら登ってみてください。数え間違いにはご注意を。

 

金刀比羅宮/香川県仲多度郡琴平町

[インフォメーション]
金刀比羅宮

 

香川県仲多度郡琴平町892-1
TEL:0877-75-2121
FAX:0877-75-2125
公式ウェブサイト

 

>>松尾芭蕉も俳句に詠んだ、美しい景色を眺めながら登る石段

 

>>出羽三山神社/山形県鶴岡市
>>愛宕神社/東京都港区
>>登って心身を鍛えぬく! 日本全国神社仏閣石段登りチャレンジ3選

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ