2012.09.26 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男の1WEEK“食べ回し”FOOD

男子感涙、長ねぎとごま油の最強タッグ!

日々の仕事に追われ、自炊する時間もロクにとれない……。そんな男性こそ、週末に一手間かけて、忙しい毎日を乗り切るための栄養満点な保存食をつくってみてはいかがでしょうか? ということで、ホリスティック男子を目指す読者諸兄のために、毎回、すぐにつくれる簡単&おいしいレシピを伝授していきたいと思います。第1回は「ねぎ塩ダレ」をCOOKING!

男子感涙、長ねぎとごま油の最強タッグ!

ねぎ塩ダレ

スタミナ食材の長ねぎとにんにくは、疲れたカラダにはピッタリ! 食欲をそそられるにんにくとごま油を効かせた万能ダレは、働く男性にこそオススメです。応用レシピも簡単で、食材にかけたり一緒に炒めたりするだけで、ビールのおつまみやガッツリご飯に大変身!

[ねぎ塩ダレの材料]

長ねぎ
1本
にんにく
1片
ごま油
大さじ3
小さじ1
小さじ1弱
ブラックペッパー
適宜
白ごま
大さじ1/2
レモン汁
お好みで

 

1.長ねぎをみじん切りにする。

1.長ねぎをみじん切りにする。長ねぎの表と裏に、斜めに2~3ミリ程度の切れ込みを入れるジャバラ切りをします。この際、表と裏で斜めに入れる切れ込みの向きが同じにならないように注意してください。

1.長ねぎをみじん切りにするジャバラ切りした長ねぎを千切りの要領で切っていけば、お店で出るようなみじん切りが簡単にできます。

2.にんにくをみじん切りにする。

2.にんにくをみじん切りにする。にんにくも長ねぎと同様に、中心の芽をとって細かくみじん切りにしましょう。

3.ごま油などの調味料と一緒に長ねぎとにんにくを炒める。

3.ごま油などの調味料と一緒に長ねぎとにんにくを炒める。調味料と材料をフライパンに入れてから火にかけ、長ねぎがしんなりして香りが立ってきたら火を止めます。その際、焦げないように注意しながら中火でさっと火を通してください。

4.保存用のビンに入れて完成。

4.保存用のビンに入れて完成。できあがったタレを保存用のビンに入れたら完成! ビンは衛生的な物を使用し、ねぎがしっかり浸ってなかったらごま油を足してください。保存期間は冷蔵庫に入れて1~2週間もちますので、いろんな料理に使い回して楽しみましょう。

 

ねぎ塩ダレを使った、簡単食べ回しMENU

ねぎ塩奴

醤油の代わりにねぎ塩ダレをかけるだけで、家飲みに最適なおつまみに。コストパフォーマンスも高いので、節約中の人にもオススメです。

ねぎ塩奴

ささみのねぎ塩サラダ

どんなに忙しくても、野菜をとることは大切。鶏ささみと相性抜群のねぎ塩ダレを使ったサラダで、栄養をしっかりと摂取しましょう。

ささみのねぎ塩サラダ

ねぎ塩豚丼

お腹が空いてガッツリとご飯を食べたい時は、ねぎ塩ダレと豚肉を一緒に炒めて、丼に乗せるだけでOK。濃い目の味付けで、いつもよりご飯が進むこと間違いなし!

ねぎ塩豚丼

 

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈[プロフィール]
管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

 

1987年生まれ。フリーペーパー『R25』での連載のほか、美容・ダイエット系レシピ開発、栄養系コラム執筆、飲食店メニュー提案など幅広く活動中。また、都内で料理教室「haleaina(ハレイナ)」を不定期で開催している。著書に『ビジネスマンのためのコンビニ栄養学』(フォレスト出版)など。

 

撮影/今井裕治

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ