2013.09.27 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カラダが欲する健康スポット選

朝食がアツい! デキる男ほど通いたい、こだわりの朝食スポット3選(3/4ページ)

食堂かめっち。/岡山県美咲町

食堂かめっち。/岡山県美咲町

「岸田吟香(ぎんこう)」という人物をご存じでしょうか。美作(みまさか)国久米北条郡垪和(はが)村(現在の岡山県美咲町)出身で、日本初の和英辞典の編纂に携わるなど幕末から明治にかけて活躍した日本を代表するジャーナリストの一人です。彼の好物が卵かけご飯であったという記録が残っており、全国に卵かけご飯を広めた張本人とも言われているそうです。「食堂かめっち。」は、岡山県美咲町に2008年1月22日にオープンした 卵かけご飯の專門店。郷土の偉人・岸田吟香の卵かけご飯好きであった点に着目し、美咲町には西日本最大級の養鶏場があるという環境も加わり、卵を通じた町おこしの第一弾としてプロジェクトがスタートしました。

「食堂かめっち。」のこだわりは、その日の朝に養鶏場から届けられる新鮮な卵。看板メニューの『黄福(こうふく)定食』は、こだわりの卵のほかに美咲町の棚田(こちらは日本の棚田百選に選ばれています)でとれたお米・お味噌汁・漬物がついて300円という驚きの価格。お店を始められる前は、「本当に卵かけご飯だけで集客できるのか?」という不安もあったそうです。300円という価格設定には、まずは気軽に卵かけご飯を食べてもらい、美咲町を知ってもらいたいという思いが込められているそうです。しかもご飯と卵はおかわり自由! お店でしか食べられない、卵かけごはん専用の秘伝のタレも数種類用意されており、ほとんどの方がおかわりしていくのだとか。黄福定食の他にも「黄福オムレツ」などご自慢の卵料理がリーズナブルな価格で提供されています。

オープンしてから現在までお金をかけたプロモーションは一切していないにもかかわらず、来店されたお客様の口コミで評判が広まり、今では卵かけごはんを求めて全国各地から多くの方が訪れています。ユニークな町おこしの事例として全国放送のテレビ番組で取り上げられ、休日は特に多くのお客様で賑わいます。また、「食堂かめっち。」で提供されている赤卵はお店で購入も可能です。

1日のはじめにお腹いっぱいの“黄福”を感じてみてください。おかわり自由だからといって、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

 

食堂かめっち。/岡山県美咲町

[インフォメーション]
食堂かめっち。

 

岡山県久米郡美咲町原田2155 美咲町中央運動公園内
TEL:0868-66-1118(美咲町役場 産業観光課)
営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始
公式ウェブサイト

 

>>できたてのざる豆腐と厚揚げ、こだわりの豆腐フルコースを心ゆくまで堪能できる!

 

>>豆腐料理かわしま/佐賀県唐津市
>>Cafe Rhinebeck/京都府京都市
>>朝食がアツい! できる男ほど通いたい、こだわりの朝食スポット3選

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ