2013.08.27 Tue
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カラダが欲する健康スポット選

『食』の生産現場から、己の健康を見直すべし! 大豆発酵食品の工場見学スポット3選(3/4ページ)

キッコーマンもの知りしょうゆ館/千葉県野田市

キッコーマン・もの知りしょうゆ館/千葉県野田市

千葉県の小学生いわく『社会科見学といえばキッコーマン』というぐらい、千葉県内ではとてもメジャーな工場見学スポットが、ここキッコーマン食品野田工場の「もの知りしょうゆ館」です。もの知りしょうゆ館は、製造方法の見学を通じて一般の方にしょうゆについて知ってもらうことを目的に、1991年に開館しました。2011年には、『御用醤油醸造所(通称「御用蔵(ごようぐら))」』という、宮内庁にお納めするしょうゆを製造している施設も移築され(御用蔵も見学が可能です)、連日多くのお客様で賑わっています。

見学所要時間は約1時間。まずしょうゆのつくり方についての映像を鑑賞したのち、工場に設置された見学コースを45分ほどかけて見学します。しょうゆの製造工程のうち、しょうゆ麹をつくる製麹(せいきく)、タンク内でのもろみ(しょうゆ麹と食塩水を混ぜたもの)の発酵・熟成、圧搾(あっさく・醤油を搾る)の工程を見学することができます。実際に巨大なタンクの中を覗くことはできませんが、見学コースに設置された熟成度合いの違う3種類のもろみの色や香りを比べることができ、発酵・熟成の様子を目と鼻で感じることができます。キッコーマン食品野田工場では、キッコーマン特選丸大豆しょうゆなど、お馴染みの商品を製造しています。1日の生産量は1リットル換算で、約30万本。東日本を中心に出荷しているそうです。

もの知りしょうゆ館には『まめカフェ』という、工場ならではのしょうゆを使ったメニューを販売しているお店が併設されています。3種類のしょうゆのきき味ができるほか、しょうゆソフトクリーム、特製もろみ豚汁、生しょうゆうどんなどを販売しています。主食からデザートまで、ぜひ工場で学んだことを思い出しながら味わってみてください。

 

キッコーマン・もの知りしょうゆ館/千葉県野田市

[インフォメーション]
キッコーマン食品株式会社 もの知りしょうゆ館/御用蔵

 

千葉県野田市野田110 キッコーマン食品野田工場内
TEL:04-7123-5136
公式ウェブサイト

 

【もの知りしょうゆ館】
開館時間:9:00~16:00
休館日:毎月第4月曜日、ゴールデンウィーク、旧盆、年末年始
(詳しくは、お問い合わせください)
入館料:無料
ご予約受付:9:00~16:00
見学開始時間:9:00、10:00、11:00、13:00、14:00、15:00
見学受入人数:2名様より
※工場見学には事前予約をお願いします。

 

【御用蔵】
開館時間:9:00~12:00、13:30~16:00(入場は閉館30分前まで)
休館日:土・日・祝日、毎月第4月曜日、ゴールデンウィーク、旧盆、年末年始
(詳しくは、お問い合わせください)
受付:御用蔵は自由にご見学いただけます。工場入口で受付をしてご入場ください。
ご入場人数:20名まで

 

>>戦国時代から受け継がれる、三河武士のパワーの源とは?

 

>>まるや八丁味噌/愛知県岡崎市
>>タカノフーズ・水戸工場/茨城県小美玉市
>>『食』の生産現場から、己の健康を見直すべし! 大豆発酵食品の工場見学スポット3選

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ