2013.06.19 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カラダが欲する健康スポット選

心の中から己を鍛えあげろ! 今週末から始められる体験修行スポット3選(3/4ページ)

断食参籠修行/成田山新勝寺

断食参籠修行/成田山新勝寺

成田山新勝寺といえば、毎年ニュースで放送される「節分会」をイメージされる方も多いのではないでしょうか。歌舞伎の市川團十郎ゆかりのお寺でもあり、「成田屋」の名前の由来のひとつになっているという逸話もあります。年間1,000万人以上の参詣者が訪れる祈りのお寺でもありますが、実はこのお寺で断食修行ができるんです。『参籠道場』という修行者のための建物があり、二宮尊徳や歴代の市川團十郎も精神の鍛錬のために訪れていたといいます。そんな由緒正しい『参籠道場』で断食修行を体験できるなんて、それだけで身が引き締まる思いです。

企画調整課の寺口さんは、「開山から1,070年ほどになりますが、史述によると江戸時代中期~後期には『参籠道場』が開かれました。昭和になってからは一般信徒の方も断食修行をされるようになりましたよ」と、教えてくださいました。一口に断食と言っても、宗教や宗派によって作法や考え方が異なります。イスラム教のラマダーンに行われる断食は、日中は水さえ飲みませんが、日没後に一日分の食事を摂るというもの。ここ成田山の断食修行は、水分のみを摂取し、固形物は一切口にしないという文字通りの「断食」です。断食期間中は境内を散策したり、写経や勤行(仏前で経を読み、祈ること)、数息観(密教における、呼吸法のひとつ)に参加される方もいるそうです。食べ物を絶つだけでなく、期間中にどのような心構えで過ごすかも、修行の一部と言えるかもしれません。

修行の動機は人それぞれですが、断食には事前に医師の診断書が必要であったりと、決して旅行感覚で参加できるものではありません。たとえ2泊3日であっても半端な気持ちではやり遂げることができないでしょう。だからこそ、最終日の朝に食べるお粥の味は、きっと今まで食べたことがない味がするはずです。

 

断食参籠修行/成田山新勝寺

[インフォメーション]
断食参籠修行 成田山新勝寺

 

千葉県成田市成田1番地
0476-22-2111(代表)

公式ウェブサイト

 

期間 2泊3日~6泊7日まで
費用 灯明料、寝具使用料として2泊3日 5,000円、4日目以降は追加1日につき1,000円ずつ加算

>>霊山の滝にうたれて心の淀みを洗い流す

 

>>水行道場/高尾山薬王院
>>駒沢坐禅教室/shôjin-project
>>心の中から己を鍛えあげろ! 今週末から始められる体験修行スポット

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ