2013.04.26 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男のメンテナンス A to Z

人生もスラックラインも最後まで渡りきれ! 体幹を鍛えて理想の自分を手に入れろ (2/2ページ)

仏の顔も三度まで? 鬼教官登場でスパルタ特訓のスタート!?

仏の顔も三度まで? 鬼教官登場でスパルタ特訓のスタート!?

「だんだん立てるようになってきたので、次はその場で座ってみましょう」とおっしゃる岡本先生。おもむろに取り出したのはジムには似つかわしくない竹刀! 竹刀を振りかぶる先生を前に「マズイ! このジムはスパルタ型体育会系のジムだったのか!?」とあわあわする僕だったが、「では、この竹刀の先を持ってください。補助しますので」と一言にきょとん。竹刀を使ってバランスを保つサポートをすることで、座る感覚を身に付けるとのことでした。ビックリしたなぁ、もう。

ビックリしたなぁ、もう。

竹刀を持って再度片脚立ちをすると、たしかに補助があるお陰でバランスは断然取りやすくなりました。その姿勢から、素早く座る体勢になると、補助ありでも太ももとふくらはぎの筋肉、バランスを保つための上半身の筋肉を使っているのがわかります。岡本先生はいとも簡単に座った姿勢でバランスをとっていましたが、これが補助なしだと至難の業。何度も失敗を繰り返しながら、みんな上達していくそうです。

 

スラックラインで、サヨナラ、ブレブレ男子!

スラックラインで、サヨナラ、ブレブレ男子!

スラックラインの最後の基本動作、“歩く”ステップへ。一歩一歩着実に進む動作は、まさに“綱渡り”。練習の成果もあり、ヒモの上に立てるようにはなったのですが、歩くとなるとまた別問題です。岡本先生からは「倒れそうになったら、軸を中心に戻すために倒れそうな方向に体を思いっきり伸ばしてください! バランスを崩した時、いかに重心をまっすぐに保つかも意識してください!」と指示が飛びます。

 

徐々に前進して真ん中までいくと、ヒモのしなりも強くなり、バランスをとるのがより難しくなっていきます。歩いては落ち、また歩いては落ちを繰り返しながら練習をするうちに、確実に上達していき、最終的には渡り切ることに成功しました! さらに、1時間の練習で補助なしでも座る体勢がとれるようになるなど、目に見える成果をあげることができました。

 

「僕は人生という名の綱渡りができていたのか?」というひょんな気づきをキッカケに辿り着いた今回のスラックライン挑戦。この体験を通して、体幹を鍛えることができただけではなく、文字通り“綱”を渡ることもできました。この勢いで、人生の綱渡りも踏ん張りながら渡り切るぞ!

 

ZERO Fight&Fit

[ショップインフォ]
ZERO Fight&Fit 

 

神保町駅から徒歩3分
東京都千代田区 神田神保町1-16-3 TSI神保町ビル1F

http://zerofit.info/

 

[今回のメニュー]

「スラックライン ビジターコース(30分)」…… 500円(初回登録料別途:1500円)

※この記事は2013年4月現在の情報です。ご利用の際は事前にホームページ等でご確認ください。

 

■オススメ記事はコチラ

 

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ