2013.04.26 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男のメンテナンス A to Z

人生もスラックラインも最後まで渡りきれ! 体幹を鍛えて理想の自分を手に入れろ (1/2ページ)

男のメンテナンス A to Z 人生もスラックラインも最後まで渡りきれ! 体幹を鍛えて理想の自分を手に入れろ

先輩社員が僕に真剣な顔で話しかけてきました。

 

「ヒロシ、いいか。人生は綱渡りだぞ。」

 

と。その言葉にハッとして過去を思い返してみると、色々な場面で道を踏み外し、子どもの頃に描いた理想像とは真反対にいることに気付かされました。急に不安になり、ネットサーフィンに逃避していると、目に止まったのは綱の上でピョンピョンと華麗に飛び跳ねる人たちの動画。「今、チャレンジすべきことは、仕事でも恋愛でもなくコレかもしれない!」という思いで調べていくと『スラックライン』というスポーツであることが判明。人生の綱渡りをリベンジすべく、挑戦してきました!

 

人生の綱渡りの予行練習のため、スラックラインを体験!

人生の綱渡りの予行練習のため、スラックラインを体験!

『ボルダリング』と同系列のアウトドアスポーツとして海外では人気があり、日本でも注目されはじめているという『スラックライン』。体験するため今回訪れたのは神保町にある『ZERO Fight & Fit』さん。屈強な体つきでいかにも強そうな岡本先生が腕を組んで待っていました。

 

『スラックライン』とはどういったスポーツなのでしょうか?

 

『スラックライン』は幅5センチのヒモの上を片足でバランスを取りながら、綱渡りのように歩いたり、座ったりし、上級者になるとトランポリンのように飛び跳ねながらさまざまな技までできるスポーツです。2009年に日本に上陸しました

 

元々はスポーツとして楽しまれていたのですが、不安定なヒモの上だと手と足を使って自然にバランスをとるので、普段意識しない体幹の筋肉を鍛えることができ、最近人気のファンクショナルトレーニングとしても注目されています。体幹が弱いと姿勢が悪くなるだけではなく、お腹がぽっこりと出る原因にもなるので、体のスタイルを気にする人にとってはしっかりと鍛えておきたい部分です。特にダイエットをしたい人には、ウェイトトレーニングや走りこみも必要ですが、体の軸となる体幹を鍛えることのほうが大切。見た目は地味ですが、運動量も多くて汗をかけますし、遊び感覚で体幹を鍛えられるので、楽しみながら体のバランスを良くすることができますよ!」

 

この連載の取材を通して、体幹トレーニングの大切さは身にしみていたので、遊び感覚でできるというスラックラインの体験に期待が膨らみます。

 

ブレない男になるヒントは、体幹の強化にあり!

ブレない男になるヒントは、体幹の強化にあり!

一見、ただヒモに乗ればいいように見えますが、バランスをとるのにもコツがあるそうで、まずは先生にお手本を見せていただきました。

 

“バランスをとりながら真っ直ぐ立とうとすること”、“落ちそうになっても、粘って体勢を立てなおそうとすること”。はじめてスラックラインを体験する人が心がけておくべきポイントはこの2点です。これらを意識すると、自ずと体幹を鍛えることができ、より良い効果を得られます。」

 

先生の言葉をしっかりとメモし、実際にヒモの上に乗ってみることに。立つこと自体はそんなに難しくなさそうなので、今回はスムーズに進みそうな気がするぞ!

先生の言葉をしっかりとメモし、実際にヒモの上に乗ってみることに

まずは、片脚で立つところから。足を置くとヒモがしなり、体をクネクネと動かしながら必死にバランスをとろうとする僕。「グヌヌ……立つのですら難しいぞ」と焦っていると、先生から「前傾姿勢にならないように、しっかりと腕を伸ばして前を見てください! 軸足ではない方の足もピンっと伸ばしてバランスをとって!」とのアドバイス。コツを掴んで徐々にその場で静止できるようになってきました。ただ立っているように見えますが、実際に体験してみると、不安定な状況でバランスをとるために、普段使っていない体幹の筋肉が刺激されているのがわかります

 

フラフラとしながらバランスをとる動作は、はじめて自転車に乗った時の感覚に似ていて、慣れてくると自分でも上達しているのがハッキリと実感できます。その達成感もスラックラインの魅力であると語る岡本先生。たしかに、スポーツジムでウェイトトレーニングをするのとは違う“遊びとしてのストイックさ”があり、ハマるのも納得。スラックラインの魅力に気づきはじめたところで、次のレベルへ。

 

>>神保町にスラックラインの鬼、登場!?

 

■オススメ記事はコチラ

 

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ