2013.04.19 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

健康になりたいなら「ふんどし」を着けろ!?

今、男も女もふんどしがアツイ!!(2/2ページ)

「日本ふんどし協会」会長が答える、ふんどしに関する素朴な疑問

2022年には、「1億2,000万人総ふんどし化計画」を目標に邁進しているという中川氏

 

――次に、ふんどしを着用するにあたって、素朴な疑問をぶつけます。まずは、「ふんどしの上にズボンは履けないのでは?」

中川 「いえ、洋服でもまったく問題ないですよ。僕は窮屈には感じません。スキニーパンツだとシルエットに影響が出るかもしれないけど、普通のズボンなら問題ない。ひもはお腹で蝶々結びにするんですが、不思議なことにほどけることもないですし」

 

――2つ目の疑問です。「トイレのときはどうするのでしょうか?」

中川 「これも思っているよりずっと簡単なんですよ。便座に座る時は結び目はそのまま、前垂れだけを抜けばいいんです。布1枚で全体を軽く覆っているだけなので、立ってするときも横から出すだけ。結び目をほどくと思っている人がいるかもしれないですが、ほどかなくて大丈夫なんです」

 

(参照画像提供)おしゃれなふんどしSHAREFUN(しゃれふん)さん。

 

――もうふんどしのデメリットが見つかりません。初心者はどんなふんどしを選んだらいいのでしょう。

中川 「ファーストふんどしには、素材のいいものを選んでほしいですね。おすすめはリネン素材。洗えば洗うほど肌になじむし、丈夫で、防臭効果もある。なにより天然素材ですから、安心して使えます。最初はリネンを1枚買って、気に入ったら次に別のタイプを買ってもいいと思います」

 

――サイズ展開はあるんですか?

中川 「メーカーさんによりますが、基本はフリーサイズです。ふんどしブランド「SHAREFUN(しゃれふん)」は、洋服の下に履くときのことを考えて、前垂れがかさばらないよう短めにしています」

 

従来のイメージを一新する、カラフルな色合いが揃うふんどしブランド「SHAREFUN(しゃれふん)」

 

――誰でもすぐに取り入れやすいよう工夫されているんですね。

中川 「でも、いきなり『パンツからふんどしに変えましょう』と言われても、ハードルが高いですよね。まずはルームウェアとして始めてもらえればと思っています。日中はボクサーパンツだけど、家では風通しのいいトランクスを履く男性って意外と多いですし。ふんどしへのハードルをクリアしてもらうために、今年から2月14日をふんどしの日とし、女性から男性にふんどしをプレゼントしようというプロモーションを行ったところ、大好評でした。女性からプレゼントされて、『俺はふんどしなんて嫌だ』なんて言う男がいたら頭が固い証拠。すぐに別れるべきだと思います!(笑)」

 

――ふんどしを受け入れられるかで、人間性まで判断できるんですね!

中川 「実はふんどしって、良いコミュニケーションツールにもなるんですよ。『実はふんどし履いてるんだ』って言えば、まず間違いなく会話が盛り上がるじゃないですか。ふんどしの認知度が高まりつつある今、自らふんどしのことを語れる人は面白い人。情報感度が高いし、実際に試してみたという行動力も持っている。面白く話せばコミュニケーションツールとしても使えるんですから、いいこと尽くし。今ふんどしを語れる人は、デキる男に間違いありません!」

 

日本ふんどし協会
日本古来の文化であるふんどしの普及、及び、人々のふんどしに対する理解と関心を高めることを目的として活動をしている。2022年までに日本人全員がふんどしを1着は持っている、そんな時代の到来を目標とし、「ふんどしの日(2月14日)」の制定および普及活動や、BEST FUNDOSHIST(ベストフンドシスト)の選考および発表など、精力的な活動を行なっている。合い言葉は「ナイスふんどし!」。
2011年12月14日設立。会長は中川ケイジ氏。

 

SHAREFUN(しゃれふん)
「ふんどし」の快適さや機能性を現代人に知ってもらうべく誕生した、おしゃれでカジュアルなふんどしブランド。最高級のリネン(亜麻)を使用することで、吸水性・発散性に優れ、臭いや雑菌の繁殖を軽減。汗をかきやすい就寝時に最も適している。オンラインショップをはじめ、東急ハンズ、大丸百貨店等で販売開始したところTVや雑誌でも度々紹介され、瞬く間に人気NO1ふんどしブランドに。クスッと笑えるネーミングとサイドストーリーが秀逸。リピーターが多いのが特徴で売り切れ商品も多い。

 

(文:大曲智子 写真:横山慎一)

 

■オススメ記事はコチラ

 

 

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ