2013.04.03 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男の1WEEK“食べ回し”FOOD

ヘルシーなのに腹持ちも良い「しっとりマッシュポテト」(1/2ページ)

例年に比べ、桜の開花が各地で早まるなど、季節は一気に冬から春へ。となると、気になってくるのが紫外線。最近は男性のUVケアも浸透してきましたが、普段、特に夏本番を迎える前まではあまり気にしていない人が多いのではないでしょうか。しっかりケアをしておかないと、のちのち肌に大きな負担をかけてしまうことに……。

今回、フードコーディネーターの北嶋佳奈さんが紹介してくれる「しっとりマッシュポテト」は、皮膚の健康維持に役立つビタミンCが意外と(?)豊富なじゃがいもを使ったお手軽保存食。これを食べて、陽射しに負けない健康肌を手に入れましょう!

男の1WEEK“食べ回し”FOOD  ヘルシーなのに腹持ちも良い「しっとりマッシュポテト」

[しっとりマッシュポテト]

じゃがいも
大2個もしくは中2個(約300g)
牛乳
大さじ4~
バター
10g
塩こしょう
少々

 

1.じゃがいもはよく洗い、濡れたままラップにしっかり包んでレンジ(600W)で4分ほど加熱する。

1.じゃがいもはよく洗い、濡れたままラップにしっかり包んでレンジ(600W)で4分ほど加熱する。

竹串がすっと通るくらいが目安。もし4分経って竹串を通しても、固かったり引っ掛かりがあれば、串通りが良くなるまでレンジで温めましょう。

2.タオルなどで包みながら皮をむき、マッシャ―やフォークを使ってしっかりつぶす。

2.タオルなどで包みながら皮をむき、マッシャ―やフォークを使ってしっかりつぶす。

熱いと皮がむきやすくなるので、もし楽に皮がむけない場合は、さらに追加でレンジで温めると良いでしょう。

2.タオルなどで包みながら皮をむき、マッシャ―やフォークを使ってしっかりつぶす。

キレイに皮がむけたら、冷めないうちに素早くつぶしましょう。温かいうちに行わないと、次の工程に影響が出てしまうので気をつけて。

3. 熱いうちにバター、牛乳を加えてよく混ぜ、塩こしょうで味を調える。

3. 熱いうちにバター、牛乳を加えてよく混ぜ、塩こしょうで味を調える。

温かいうちにバターを入れたら、全体に行き渡るようにまんべんなくなじませましょう。なじんだら牛乳を入れて、しっかり混ぜ合わせます。

4.目の粗いザルなどでこしたら、完成!

4.目の粗いザルなどでこしたら、完成!

こし器がなければ、目の粗いザルでもOK。このひと手間を加えることで、口当たりなめらかに。

4.目の粗いザルなどでこしたら、完成!

密封袋にのばして入れれば、冷凍で約2週間保存可能! 料理に合わせて使い回しましょう。

 

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

 

簡単食べ回しMENU その1「ビシソワーズ」簡単食べ回しMENU その2「コロッケグラタン」簡単食べ回しMENU その3「タラモサラダ」

 

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

[プロフィール]

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

 

1987年生まれ。フリーペーパー『R25』での連載のほか、美容・ダイエット系レシピ開発、栄養系コラム執筆、飲食店メニュー提案など幅広く活動中。また、都内で料理教室「haleaina(ハレイナ)」を不定期で開催している。著書に『ビジネスマンのためのコンビニ栄養学』(フォレスト出版)など。

 

撮影/秋山まどか

 

■オススメ記事はコチラ 

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ