2013.03.01 Fri
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生教えて! 恋の健康講座

知っておきたい、恋愛と脳のメカニズム

恋する男性は、脳から恋愛ホルモンが出まくりなんです

恋をすると、女性はキレイになる。これには科学的な根拠と、驚きの理由があるようです。かたや男性には、恋愛によって脳が活性化して、健康で魅力的な男になれるというウワサも……。真相を『ホンマでっか!?TV』で大人気の脳科学者、澤口俊之先生にお聞きしました。

先生教えて! 恋の健康講座/知っておきたい、恋愛と脳のメカニズム

「そもそも、恋愛するのは人間だけです。さまざまな研究が進められてきましたが、脳レベルで見たときに、恋愛というのは非常に高度な脳の働きによるものだということがわかってきています。脳の一部である前頭眼窩皮質が、恋愛に大きく関係しています」

人間の行動の多くは、脳が司るモノ。人間特有の行動である恋愛に、脳が深く関係しているのも当たり前といえば当たり前ですね。中でも大きく関係しているという、前頭眼窩皮質にはどんな役割があるのでしょうか?

「前頭眼窩皮質とは眼窩(眼球を覆う骨)の上にある脳の部位で、脳全体の中でも特に高度な働きをしています。恋愛をすると、この部位が活性化するんです。さらにここは、体内ホルモンをコントロールする“HPAアクシス(以下、HPA系) ※”という重要な領域とも直接つながっています」

脳内の視床下部~下垂体~副腎皮質系の相互ネットワークであるHPAアクシス。恋愛で作用する前頭眼窩皮質が活性化することでこのHPAアクシスから、いくつかのホルモンが分泌され、それらが“恋愛ホルモン”と呼ばれています。この恋愛ホルモンがそれぞれ、恋する男女に好影響を与えてくれるというわけです。
「たとえば、女性らしさを形成する女性ホルモンのエストロゲンです。エストロゲンが分泌されると、肌つやがよくなる。恋をした女性の肌つやが良くなる、というのはここからきています。男性ホルモンとして代表的なものはテストステロンで、これには筋肉の成長促進や性欲増進の作用があります。テストステロンとも密接な関係があるドーパミンの分泌もそのひとつ。これは中枢神経系に存在する神経伝達物質で、快感や学習能力を高めたりします。

テストステロンには、公平性やリーダーシップ、イノベーション(革新性)を高める効果があると、最近の研究でわかったそうです。恋愛をしてテストステロンが増えれば、社会的にも認められるという好循環が起きる可能性も。また、快楽ホルモンとも呼ばれるドーパミンが大量に出ると、元気ややる気がみなぎってきます」
HPAアクシスの機能が高まれば体の免疫力の向上、下がればストレス耐性が弱まったり、性ホルモンが出なくなることで落ち込みがちになるというお話も。前頭眼窩皮質にはじまる、恋愛と脳のサイクルがいかに重要か、おわかりいただけましたか??

 

恋愛スイッチでドーパミン分泌、心身に好循環を!

恋愛で分泌が促進されるホルモンが、なにかと男を上げるのをアシストしてくれるのは間違いなさそうです。とはいえ、いちばん難しいのが「恋愛する」ことなわけで……。そこで重要なのが“恋愛スイッチ”とも考えられる、ドーパミンの分泌です。

「人間は、視覚で多くの情報を取り入れています。出会ってわずか0.5秒で前頭眼窩皮質が反応して、恋愛モードになるという論文もあります。つまり、一瞬の視覚によって恋愛のスイッチが入って、ドーパミンが分泌するわけです。
ですから、魅力的な女性を見ることが、ホルモンを分泌させるための1つの方法ですね。ウエストサイズ÷ヒップサイズで表される『ウエスト・ヒップ・レイシオ(WHR)』という数値があるのですが、これが0.7、つまりくびれがある女性を見ると、男性の脳は勝手に判断して、ドーパミンが活性化されると言う研究もあります」
ドーパミンの分泌を促すには、女性のスタイルが大切になるのですね! でも、彼女がいる人は彼女以外の女性をジロジロ見るわけにもいかないと思うのですが、カップルでできる男性のドーパミンを増やす方法はありますか?
恋の駆け引きもまた、ドーパミンを増やすきっかけになりうるとか。

「ドーパミンには“ギャンブル効果”という作用があります。人間はギャンブルで勝つと、高揚感や興奮によりドーパミンが出ますが、そのドーパミンによって勝ったという快楽を脳が学習して、負けると逆に快楽を欲求するようになります。そのように勝ち・負けを繰り返しているうちに、ギャンブルにはまっていくわけです。

この効果は、恋愛に関しても確認されています。恋愛が安定しすぎるとこのギャンブル効果がなくなるので、女性には時々男性の要求を断ることをオススメしたい。デートを適度に拒まれることを繰り返していると、ギャンブル効果でドーパミンが活性化しますから」

ひと目ぼれに恋の駆け引き……。恋愛の楽しみそのものが、健康に好影響を与える恋愛ホルモンの活性化と切っても切れない関係であることが、よーくわかりましたね。冬が終わり春が来れば、恋の季節も到来です。恋をして、心身の健康にも良い循環を!

 

監修:人間性脳科学研究所 澤口俊之
取材&文/あつしな・るせ イラスト/タナカケンイチ

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ