2013.02.26 Tue
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生教えて! 恋の健康講座

恋をしているときに体調を崩さないのには理由があった!

ドキドキとリラックスの繰り返し=恋愛は理想的な健康法!

緊張とリラックスのバランスを保つことが、免疫力を高めるということはわかりました。でも、これを恋愛にどう応用すればいいのでしょうか。

「誰かを好きになることでドキドキしたり、気持ちが高揚する。これは交感神経の働きですね。そして恋人同士となれば、一緒にいることでリラックスもできる。こちらは副交感神経の働きです。これを繰り返すことができれば、自律神経のバランス維持ができると言えます」

それって「王道な恋愛」「穏やかな恋愛」ですよね。でも片思いばかりで恋が実らない人は?

「片思いばかりだと心が穏やかにならないわけですから、交感神経ばかりが優位になってしまうでしょうね」

それでは、パートナーとマンネリの関係になってしまっている人は……。

「緊張感がないわけですから、副交感神経が優位になってしまう。適度なときめきが必要だと思います」

恋をして、結ばれることが大切なんですね。免疫力アップへの道は意外と険しいです。
現代には恋愛に積極的でない「草食系」といわれる若者もいます。恋愛をしている人にくらべて、草食系は免疫力が低い?

「自律神経が働いていればいいわけですから、なにも恋愛に限る必要はないと思います。恋愛に代わるものがあればいい。たとえば落語を見るのが趣味だったり、お風呂でリラックスするのが好きだったり。ストレスを副交感神経に向けるようなことを行っていれば大丈夫だと思いますよ」

良い恋愛をしていることも、趣味を持っていることも、同じような免疫効果があるのですね。もうすぐ春がやってきます。恋をして、健康的な毎日を送りましょう!

 

監修:埼玉医科大学 松下 祥
取材・文/大曲智子 イラスト/タナカケンイチ

 

■オススメ記事はコチラ

 

     

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ