2013.01.16 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男のメンテナンス A to Z

サイバーヨガで心配御無用! 「脳」を鍛えて脱・ストレス!(1/4ページ)

男のメンテナンス A to Z  サイバーヨガで心配御無用! 「脳」を鍛えて脱・ストレス!

「何この原稿。面白くない」と編集長からピシャリ。「まだやってるの? お先~」と飲み会には置いていかれ……2013年も終わらない仕事にストレスが溜まる毎日。こんな状況、今年こそなんとか打破したい。と、ストレスに負けない「タフな心の鍛え方」を調べること6時間、“最新脳科学”と“ヨガ”を組み合わせた「サイバーヨガ」という方法を発見。「サイバーヨガだと……(ゴクリ)」、心の周波数がガッチリとはまり、「先生、ストレスに負けない心が欲しいんです!」と懇願しにいくことにしました。

最先端! ヨガと脳科学を融合した最新型メンタルトレーニング

最先端! ヨガと脳科学を融合した最新型メンタルトレーニング

日々の仕事で溜まっていく一方のストレスに救いの手を差し伸べてくれたのが「サイバーヨガ」を教えてくれる辻良史先生。「サイバーヨガ」とは、脳波の活動状態をはじめとする生体情報を“見える化(モニタリング)”しながらヨガを行うプログラムで、筑波大学の研究成果によって生まれた最新のトレーニング方法。日本ではまだまだ知られていないですが、イタリアのプロサッカークラブ・ACミランや海外のオリンピックチームが脳科学を利用したメンタルトレーニングを採用するなど、欧米では高い注目が集まっています。

「思い通りに進まない仕事にイライラして、もう爆発寸前です!」と開口一番、辻先生に告白したところ……。

「人のメンタルが崩れるのは、上手くいくか自信がないといった“未来への不安” や、過去を引きずって失敗を恐れるトラウマなどが原因と考えられています。でも、その状況からは誰しも逃れることはできないんです。そのため、そういった状況でも平常心で対応できるストレスに対する抵抗力と、雑念に流されない“今、ここだけに集中する”ための脳のトレーニングが必要となります。とはいえ、頭をパカッと開いて脳の状態を見ることはできませんので、最新の生体計測機器を使って脳の「ストレス」や「やる気」の状態を“見える化”させ、常に高いパフォーマンスが発揮できる脳をつくるのが、サイバーヨガの役割です」

僕の弱い心を変えるために、ストレスと脳の関係について熱心に教えてくれる辻先生。まずは「今の自分を知る」ということで、さっそく心理テストで、僕の心理状態を“見える化”してみました。

心理テストで“今”の自分心理状態をチェック!

心理テストで“今”の自分心理状態をチェック!

設問内容は残念ながら企業秘密。ざっくり説明すると、“今”どういう気持ちかを直感的に答える簡単な心理テストで、あっという間に終了しました。診断結果は、リラックスしているかイライラしているかを測る“覚醒水準度”と、快適に感じているか不快に感じているかを測る“快適度”で判定するのですが、僕の状態は“無気力”という結果に。仕事以外にもクリスマスをひとりで過ごしたり、日々女性社員に煙たがられているのが原因かはわかりませんが、まさかの結果に声もでない僕。この心理状態をサイバーヨガで改善することはできるのでしょうか!?

 

>>ストレスに打ち勝つために必要なもの。それは◯◯だ!

 

■オススメ記事はコチラ

 

1 2 3 4 次へ

  

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ