2013.01.09 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男の1WEEK“食べ回し”FOOD

ピリっと後引くうまさの「牛肉とごぼうの甘辛煮」(1/4ページ)

みなさん、お正月休みは満喫できましたか? 待望の休暇に久々の帰省、気持ちがゆるんで、暴飲暴食を繰り返した結果、「カラダが重い……」なんて人も多いかもしれませんね。

今回、フードコーディネーターの北嶋佳奈さんが紹介してくれる「牛肉とごぼうの甘辛煮」は、牛肉と根菜を甘辛く煮詰めただけの簡単保存食。スタミナたっぷりの牛肉と食物繊維が豊富でデトックス効果が期待できる根菜の組み合わせは、なまり切ったカラダをすっきりさせ、必要な体力をチャージしてくれるはず!  「牛肉とごぼうの甘辛煮」 をアレンジした健康ごはんを食べて、1年のスタートにふさわしいカラダに整えましょう!

男の1WEEK“食べ回し”FOOD  ピリっと後引くうまさの「牛肉とごぼうの甘辛煮」

[牛肉とごぼうの甘辛煮の材料]

牛こま切れ肉
200g
ごぼう
1本
れんこん
1/2節(約100g)
人参
1/2本
おろししょうが
小さじ1

調味料A

しょうゆ
大さじ3
みりん
大さじ2
大さじ2
砂糖
大さじ2
大さじ2

 

鷹の爪
少々
ごま油
適宜

 

1.ごぼうはささがきにし、レンコンは薄いいちょう切り、人参は千切りにする。

1.ごぼうはささがきにし、レンコンは薄いいちょう切り、人参は千切りにする。

ごぼうは事前に包丁の背をつかって皮を軽く削り、下準備をしておきます。ささがきにした後は水につけて、あくぬきをしましょう。

1.ごぼうはささがきにし、レンコンは薄いいちょう切り、人参は千切りにする。

レンコンは泥を洗い落とし、ピーラーで皮をむいておきます。大きい場合は、4分割にしてからいちょう切りにすると切りやすいですよ。

2.フライパンにごま油を熱し、牛肉としょうが、1の順に炒める。

2.フライパンにごま油を熱し、牛肉としょうが、1の順に炒める。

食べやすい大きさに切った牛こま切れ肉としょうがを、ごま油をひいたフライパンに入れ、火を通します。お肉に火が通ったら、1の野菜も入れて炒めます。

3.調味料Aとお好みの量の鷹の爪を加え、水気がなくなるまで中火で煮つめる。

3.調味料Aとお好みの量の鷹の爪を加え、水気がなくなるまで中火で煮つめる。

全体をなじませたら、調味料Aを入れて中火でじっくり煮詰めていきます。好みの辛さによって、鷹の爪の量は調節しましょう!

4.水分が飛んで、味がしみ込んだら完成!

4.水分が飛んで、味がしみ込んだら完成!

フライパンを傾けても汁気が出てこなくなったら完成! タッパーなど、密封性の高い入れ物に入れて冷蔵すれば、4~7日間保存できるので、料理にあわせて使い回しましょう。

 

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

 

根菜牛丼根菜甘辛チーズオムレツ根菜肉豆腐

 

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

[プロフィール]

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

 

1987年生まれ。フリーペーパー『R25』での連載のほか、美容・ダイエット系レシピ開発、栄養系コラム執筆、飲食店メニュー提案など幅広く活動中。また、都内で料理教室「haleaina(ハレイナ)」を不定期で開催している。著書に『ビジネスマンのためのコンビニ栄養学』(フォレスト出版)など。

 

撮影/秋山まどか

 

■オススメ記事はコチラ 

 

1 2 3 4 次へ

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ