2012.12.26 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ホロメン図鑑

ゆるい“食”へのこだわりが“モテ”につながる

今月の“ホリスティック男子”は自身の名を冠したアパレルブランドを手掛けるアレキサンダー リー チャンさん。今回は千駄ヶ谷にあるご自身のお店、『SHOP2[Ni]』では、グリーンスムージーやオーガニックなランチをディレクションしている彼から、人間の根幹を支える“食”について教えてもらいました。

ホロメン図鑑  ゆるい“食”へのこだわりが“モテ”につながる

「元々、自炊するので“食”に関しての興味はありました。何かの本で読んだのですが、一生のうちにあと何回ぐらい食事ができるか数えてみて、これでいいかもと思える食事がどれくらいあるんだろうと考えたら、すごく“食”って大事だなと思うようになったんです。もちろん自分は松屋(牛丼チェーン店)とかも好きなんですけどね(笑)」

“食”の大切さを知っていく中で、野菜についての関心も強くなったと語るリーさん。自身のお店を持つようになってからその知識はより深まり、意外なことにも役立ったそうです。

「自分で店をするようになって食材を調達するときに、実際に農家やマーケットの人に話を聞いて詳しい情報や知識が入ってくるので、野菜のことを知るのがよりおもしろくなりました。たとえば、緑黄色野菜は体に良いのはみんな知っていますが、そればかり摂取するのではなく、ほかの野菜や栄養素とバランスよく食べないと逆に体にとっては良くないんです。ほかには、育てる過程で農薬が使われているため、一番栄養素があるレモンを皮ごと食べることはできないのですが、農薬を使っていない農家のレモンは食べても平気ですし、さらにおいしく栄養をとることができるなど、そういった話をあげるとキリがありません。

色々と情報をインプットしていたある日、“食”への知識をふと女のコに話した時にすごく食いつきが良かった。これは話のネタになるし、モテるぞ!と確信しましたね(笑)。たとえば女のコと食事の話をした時、 “こういう食べ合わせだともっと肌がキレイになる”という知識があれば、自分への見方や評価が変わりますよね。ストイックに“食”を突き詰めていくと、栄養素の吸収効率がいいから火を通さないといけないとか、この組み合わせにしないとバランスが悪いとか、どんどん頭でっかちになってしまうと思います。でも、そんなに固く考えないで、もう少し肩の力を抜いて、“食”について話しができたら女のコにモテるとか、ゆるい感じで考えれば続けるモチベーションにもなりますよ

知識を詰め込むだけじゃなくて、それをいかに有効にアウトプットするかを実践しているリーさん。真面目に“食”と向き合いながらも、その肩の力を抜いたスタンスは是非見習いたいものです。

 

リーさんのライフスタイルを彩る品々はコレ! 

 野菜の栄養素をグッと凝縮したおいしいスムージー

野菜の栄養素をグッと凝縮したおいしいスムージー

「普段、色が付いたものを食べる機会は野菜サラダぐらいしかない人も多いと思いますが、そんなに量は食べられない。だったらそれをグッと凝縮して、野菜をとりやすい形で提供したかったのでスムージーをはじめました。良い素材があれば必然的においしくなるので、料理の腕前は関係ありません」

使う食材は減農薬野菜や有機野菜。食材は時期によって変わる。¥400

味覚はもちろん、目でも楽しめる食事がオススメ

味覚はもちろん、目でも楽しめる食事がオススメ

「『SHOP2[Ni]』の近辺で、キレイなOLさんがランチで買っているものをよく見ると、コンビニのモノか唐揚げ弁当や焼き肉弁当、カレーなど茶色いものがほとんど。それを否定するわけではないのですが、彩として目でも食事を楽しむことって重要だと思います。色が付いたものは体にも良いわけですし」

 不定期だが水曜はリーさんがランチを調理することも。ランチ¥700~

手軽に食材を調達できる青山ファーマーズ マーケット

手軽に食材を調達できる青山ファーマーズ マーケット

「有機野菜や果物を買うと高いというイメージがありませんか? でも、肥料の使い方が間違っている野菜は冷蔵庫に置いておくと溶けてしまうのですが、有機野菜は紅葉と一緒で、徐々に枯れて常温でもかなり保存が効きます。どちらがコストパフォーマンスが高いかは目に見えていますよね」

アレキサンダー リー チャンさん

[名前]アレキサンダー リー チャンさん

[年齢]36歳

[職業] AlexanderLeeChangデザイナー/『SHOP2[Ni]』ディレクター

 

 サンフランシスコ生まれ。プロスケーターとして活躍しながら自身のブランド、AlexanderLeeChangを立ち上げる。個性的なデザインの服は自身の遊び心豊富なアイデアを凝縮させている。また『SHOP2[Ni]』のディレクションも手掛け、自身のアパレルなどを取り扱うほか、体に良いグリーンスムージーやオーガニックなランチを提供する。

 

 [ショップインフォ]
『SHOP2[Ni]』
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-6
TEL:03-6804-3799
http://www.facebook.com/projectni

取材/牛島康之

 

■オススメ記事はコチラ 

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ