2012.12.19 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Let’s try 男のヨガ

遅刻したときヒソヒソと出社するついでに

「年末が近づくと増える、深夜の特別なお仕事ってな~んだ!?」。その答えは、好きな人もいれば苦手な人もいる、忘年会。お酒が好きな人は、忘年会を口実に連日連夜飲み歩き、苦手な人は早く終わることを願うこの季節。ホリスティック男子たるもの、“酒を飲んでも飲まれるな”の精神で、飲んだあとのケアをしっかりとし、次の日もいつもどおりシャッキと過ごせるようにすべき……という理想を夢見ながら、今日もまた目覚ましに気づかず寝坊してしまう人もいるのではないでしょうか? 今回は、前の日に飲み過ぎて遅刻してしまった人が、ヒソヒソと出社する時に使える“ついでヨガ”をご紹介!

Let’s try 男のヨガ  遅刻したときヒソヒソと出社するついでに

[今月のヨガ]

パールシャワコーナ・アーサナ(体側を伸ばすポーズ)

「タイム・イズ・マネー」という言葉があらわすように、ビジネスシーンでは「時間厳守」という社会人としてのマナーをしっかりできるかがとても重要に。ましてや、前日にお酒を飲み過ぎて寝坊したなんて上司にバレたら、会社中に怒号が響き渡るかもしれません……。「時間どおりに行動する」ほかに、遅刻の罰を逃れる抜け穴があるとしたら、ただひとつ。それは「バレないようごまかす」ということ。そんな、ミッション・インポッシブルのようなチャレンジをするついでに、Let’s try男のヨガ!

紹介するヨガは、全身を大きく開き、ウエストをしっかり伸ばすパールシャワコーナ・アーサナ(体側を伸ばすポーズ)。
ポイントは、手の指先と足のつま先が引っ張られるようなイメージで、一直線になるようにピンっと伸ばすこと。その際、ひざを曲げてバランスをとり、倒れないようにしましょう。腰と上半身を意識して行うと、お尻やウエストの引き締め効果があるほか、腰痛の改善にも役立ちます

酒に飲まれず、しっかり自己管理ができるホリスティック男子を目指すなら、まずは体の健康づくりから! どうせ遅刻して怒られるなら、いっそのこと飲んだ分のカロリーをヨガで消費させて、仕事の汚点を自分磨きへと昇華させてみてはいかがでしょうか?

 

[監修] 

ナチュラルブレス 主宰 房前光芳 

 

 瞑想やヨガ哲学をとおして、ヨガの持つ精神性や心のケアについて学び、その魅力を伝えるスペースを提供するため、2005年にヨガスタジオ「ナチュラルブレス」を立ち上げる。現在では、東京・群馬・大阪などにスタジオを展開。著書に『DVDで始める! 男のヨガ入門』(西東社)、『DVDで自宅レッスン! やさしいヨガ教室』(西東社)など。

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ