2012.11.07 Wed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男の1WEEK“食べ回し”FOOD

洋食との相性抜群の「きのこのオイル漬け」

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

食欲の秋、到来! 旬のきのこは、低カロリーだけど栄養豊富なので、健康を気にする人には最適な食材! 今回、フードコーディネーターの北嶋佳奈さんが紹介してくれる「きのこのオイル漬け」は、オリーブオイルで煮るだけでできる簡単保存食。洋食との相性が抜群なので、パスタやスープからメインディッシュまで幅広く応用できます! 

男の1WEEK“食べ回し”FOOD  洋食との相性抜群の「きのこのオイル漬け」

[きのこのオイル漬けの材料]

きのこ類(しめじ、エリンギ、まいたけなど)
200g
にんにく
1片
鷹の爪
1本
オリーブオイル
75ml
小さじ1弱
ブラックペッパー
適宜

 

1.きのこを食べやすくほぐす&切る。

1.きのこを食べやすくほぐす&切る。

 きのこのいしづきを落としたあと、しめじとまいたけは食べやすいようにほぐし、エリンギはひとくちサイズに切ります。

2.鍋にオリーブオイルを入れて、きのこを火にかける。

2.鍋にオリーブオイルを入れて、きのこを火にかける。

小鍋にオリーブオイル、芽をとってから潰したにんにく、種を抜いた鷹の爪、塩とブラックペッパーを入れてきのこを炒めます。

3.弱火でしんなりとなるまできのこを煮る。

3.弱火でしんなりとなるまできのこを煮る。

ステップ1で用意したきのこを入れると、写真のように小鍋に山盛りになりますが、弱火で煮ていくうちにしんなりしてきます。

3.弱火でしんなりとなるまできのこを煮る。アルミホイルで落としぶたをして、ふつふつと3~5分煮ながら、ときどき菜箸でかき混ぜます。

4.保存用のビンに入れて完成。

4.保存用のビンに入れて完成。

保存用の密閉容器に移し、きのこが完全に浸るようにオリーブオイルを加え、冷めたら蓋をして完成!

冷蔵庫に入れれば1~2週間もつので、いろんな料理に使い回して楽しみましょう!

 

きのこのオイル漬けを使った、簡単食べ回しMENU

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

きのことたまねぎのスープ

コンソメとたまねぎ、そしてきのこのオイル漬けだけでつくれる簡単スープ。材料も手間も少ないのにコクがあり、晩ごはんのもう1品にも最適!

きのことたまねぎのスープ

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

きのこたっぷりペペロンチーノ

パスタの中でも簡単につくれるペペロンチーノ。そこに、きのこのオイル漬けを加えて炒めるだけで、お店で食べるような味に早変わり!

きのこたっぷりペペロンチーノ

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

きのこたっぷりチキンソテー

オシャレなメイン料理を簡単につくりたい時にも、きのこのオイル漬けは大活躍! 鶏肉と一緒に炒めるだけで、濃厚でちょっと贅沢なおかずができるので、たまの休みにササッとつくってみるのもいいですよ!

きのこたっぷりチキンソテー

[プロフィール]

管理栄養士・フードコーディネーター 北嶋佳奈

 

1987年生まれ。フリーペーパー『R25』での連載のほか、美容・ダイエット系レシピ開発、栄養系コラム執筆、飲食店メニュー提案など幅広く活動中。また、都内で料理教室「haleaina(ハレイナ)」を不定期で開催している。著書に『ビジネスマンのためのコンビニ栄養学』(フォレスト出版)など。

 

撮影/今井裕治

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ