2014.05.19 Mon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

吸いたい気持ちをリセット! ビジネスマンの“デキる”禁煙方法

第三回 ここがヘンだよ、その禁煙方法? 喫煙依存の恐ろしさ(2/3ページ)

本数を減らしても禁煙できない理由

本数を減らしても禁煙できない理由

 

―――前回のお話をまとめると、タバコを吸いたいと思う欲求を、その手前にある思考、つまりタバコに関する考え方や思い込みを変えることで抑える。こういうことですよね。

磯村:特に禁煙に対しては、良くも悪くも広く知られていることもあり、多くの思い込みが存在します。たとえば「本数を減らしてやめる」こと。これはほぼ間違いなく失敗します

――え……禁煙の基本かと思ってました。まったく効果ないのでしょうか?

磯村:まったくないということはありません。一日に何箱も吸うヘビースモーカーが40本を20本に、20本を10本に減らすことはニコチンの総量を減らすことにはなるでしょう。しかしそこから先、10本をゼロにしていくことはかなり困難です。なぜなら根本的に間違っているから。本数を減らすということはタバコを吸う習慣を減らそうという作業です。つまりタバコを吸いたくなる原因が「習慣である」と思い込んでいる。しかし実態は前回否定した通り。喫煙は、習慣に欲求が加わっているからやめられないのです。

一日20本以上吸っていた人が、一日数本にまで減らせたとします。なんとなくタバコに火を点けていた習慣が半減しましたが、一方で一日に数本しか吸えないタバコを以前よりも大切に思うようになっているのではないでしょうか。我慢したあとの一服は、さぞかしおいしく感じることでしょう。何気なく吸っていたタバコが、これで「本当においしい」と感じるようになってしまいました。禁煙に近づいていたはずが、いつのまにかより中毒症状が増していたなんてこともあるんです。

――患者さんにも勧めないですか?

磯村:勧めませんね。センスある人は「減らしてもダメ」だって最初からわかります。やめるならスパっとって。本数を減らすことに成功すると、もうひとつ陥りがちなポイントがあります。それは「だいたい禁煙できた」と思ってしまうこと。「酒の席だけ……」「休みの日に外で……」と、一生懸命減らす努力をしてきたリバウンドか、ご褒美のように吸ってしまう。これもすでにお話ししましたが、「止まらない回路」が残っている以上、たまの一服がそれまでの減らしてきた努力を水の泡にしてしまう、引き金となる可能性は大いにあるんです。

 

>>禁煙のための「タバコとの上手な付き合い方」は存在しない

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ