2014.04.28 Mon
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

吸いたい気持ちをリセット! ビジネスマンの“デキる”禁煙方法

第一回 意思の強さでは禁煙できない? 禁煙の本質とは(4/4ページ)

リセット禁煙は、タバコに対する思い込みをクリアにする“心のサポート”

リセット禁煙は、タバコに対する思い込みをクリアにする“心のサポート”

 

――磯村さんもされてますが、禁煙外来も増えてますよね。科学的な研究は進んでますか?

磯村:先日も海外での発表会に参加しましたが、ワクチンの開発に挑んでいる研究者もいますね。期待されている研究では、脳の「島(とう)」という部位に関する研究があります。「島」に脳梗塞がある人とそうでない人を比較した実験では、「島」に脳梗塞のある人のほうが100倍も禁煙しやすかったそうです。この部位になんらかの刺激を与えることで、依存を脱するメカニズムがあるのではと考えられています。夢みたいな話ですよね。

――禁煙の特効薬みたいなものも、将来的には出てくるかもしれないですね。

磯村:特効薬がもしできるとしたら、それは人間の欲望を抑えられるということですよね。たしかに体や脳で起きている依存でもあるのですが、喫煙の依存は体よりも心の問題が大きいんです。半年から一年も吸っていなければ、体からニコチンは抜けてしまいます。ところが現実には吸いたい気持ちが湧いてくる。心の依存が残っているんです。禁煙外来では、バレニクリンというニコチンの代替として作用する薬や、ニコチンそのものが入っているパッチを処方することもありますが、こうして話を聞いたり、心のサポートをすることがとても大切なんです。薬を使っても心の依存が取れなければ、実際一年くらい経つと7割くらいの人が喫煙を再開しちゃいますから。

――そこで「リセット禁煙」ですよね。考え方を変えることが第一歩。

磯村:喫煙習慣がある人は、ある種の思い込みが生じてしまっている状態。タバコに洗脳されてるとも言えます。そこからの”脱洗脳”、ですね。

 


 

いかがでしょう、まだ入り口に立ったところですが、今回のお話の中でも”気づき”がありませんでしたか? 気づきの連鎖が心の依存を解いていく……そんなリセット禁煙について、これからさらに理解を進めていきましょう。次回は喫煙の仕組みについて、あらためて学びます。

 

<さあ禁煙に取り組もう! 気になる内容をもう一度チェック!>

>>一見進んできた禁煙事情、でも根本的に考えると当たり前?

>>禁煙できないのは“意思の弱さ”のせいではない!

>>リセット禁煙は、タバコに対する思い込みをクリアにする“心のサポート”

 

連載インデックス 第一回 意思の強さでは禁煙できない? 禁煙の本質とは 第二回 吸いたくて止まらない回路とは? 断つべきは習慣ではなく欲求 第三回 ここがヘンだよ、その禁煙方法? 喫煙依存の恐ろしさ

第四回 タバコで解消できるストレスはタバコによるストレスだけ! 第五回 喫煙習慣であなたの「しあわせ」が奪われる? 第六回 仕事と喫煙、吸いたい理由を知ることの重要性 第七回 リセット禁煙の仕上げは「やってみる」こと

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

■オススメ記事はコチラ

 

前へ 1 2 3 4

    

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ