男のメンテナンスAtoZまとめ

カラダにいいことはじめました 髪・脳・食編(1/5ページ)

男のメンテナンスAtoZまとめ/カラダにいいことはじめました 髪・脳・食編

 

「美容チャレンジ編」「格闘技チャレンジ編」「異種スポーツ編」とお送りしてまいりました、男のメンテナンスAtoZまとめ。最後はカラダにいいことアレコレに挑戦した「髪・脳・食編」です。この厳しい時代を生き抜くために、日々怠りがちなヘアケア、心のケア、そして健康的な食生活。それらを今一度見つめ直し、健康的な生活とはなんぞや?と振り返るきっかけになれば幸いです。

「あれ、最近抜け毛が……」「ストレスなんとかしたい……」思い当たる人は自分の姿を重ねながら読んでみてください!

 

>>1.日々の不摂生は髪に出る? 髪ドックで現実を知る

>>2.ストレスを「見える化」して正しく向き合う、サイバーヨガとは

>>3.世界中が注目するフレンチレストラン「ヌキテパ」で味わう「土のフルコース」

>>4.食生活改善の第一歩に最適! 丸の内タニタ食堂®

 

■オススメ記事はコチラ

 

     

男のメンテナンスAtoZまとめ

飽きさせない楽しさが満載! 異色スポーツ編(1/4ページ)

男のメンテナンスAtoZまとめ/飽きさせない楽しさが満載! 異色スポーツ編

 

「男のメンテナンス AtoZ」まとめ、「格闘技編」に続く第三弾は「異色スポーツ編」。エクササイズの王道とは少し距離がある種目が並びますが、どれもレクリエーションとしての楽しさを兼ね備えており、長く続けることを考えると、飽きの来ない優れたプログラムと言えるかもしれません。

チャレンジのポイントはいつも以上に、「楽しみながらやること」。まずは記事で楽しんでみてください!

 

>>1.スラックラインでオシャレに体幹トレーニング!

>>2.これぞクールジャパン? 忍者になりきるシノビックス

>>3.馬上でなりたい自分をイメージできる、乗馬フィットネス

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

男のメンテナンスAtoZまとめ

エクササイズは己との戦いだ! 格闘技チャレンジ編(1/5ページ)

男のメンテナンスAtoZまとめ/エクササイズは己との戦いだ! 格闘技チャレンジ編

 

編集部員・ヒロシがMen’s HOLOS読者世代を代表し、体当たり取材でお送りしてきました「男のメンテナンス AtoZ」。まとめ企画第二弾は「格闘技編」です。不健康自慢のヒロシですが、趣味がプロレス観戦と格闘技には自信アリ、なはずだったのですが……。

プロ格闘家から教わる本格派から変わりダネまで、四つのチャレンジをご紹介します。 

 

>>1.”静”と”動”のトレーニングで開放感抜群のチーゴン・フィットネス

>>2.主役はつらいよ? 非日常感満点の刀エクササイズで楽しくハードに締める

>>3.あの親方考案! 相撲の基本”四股”を応用したシコアサイズ

>>4.プロの格闘家から指導を受けられる、ガチ格闘技エクササイズ!

 

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

男のメンテナンスAtoZまとめ

心身の充実は顔にあらわれる? 美容チャレンジ編(1/4ページ)

男のメンテナンスAtoZまとめ/心身の充実は顔にあらわれる? 美容チャレンジ編

 

2013年を象徴する漢字、「輪」でしたね。Men’s HOLOSの2013年を象徴する一文字……一文字に絞るのは難しいですが、挑戦の「挑」、この文字は確実に浮かんできます。

オンオフともに充実した生活を目指す若きビジネスパーソンのみなさんに、心身の健康につながるコンテンツをと日夜記事を制作してきたMen’s HOLOS編集部ですが、その中でもかなり体を張った連載企画が「男のメンテナンス AtoZ」。読者のみなさんと同世代の方も多いと思われる編集部員・ヒロシが、健康や美容に関する話題のスポットに体当たり取材を繰り返しました。その効果は……いずれまたお伝えするとして(笑)、今回から四回に分け、ヒロシのチャレンジをまとめた記事をお届けします。どれも「しっかり取り組めば」効果バツグン、個性が強いエクササイズやお店ばかりなので新鮮な気持ちで楽しんでいただけると思います。

初回は「美容編」。人付き合いもまずは見た目から……ということで!

 

>>1.100本の鍼で、まーるい顔をキュッと締める!

>>2.見た目も効果もゴージャスな、金箔エステ

>>3.食べてよし乗せてよしな美容の味方、カタツムリの実力は

 

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

男のメンテナンス A to Z

乱れた食生活でも健康&スリムに! タニタ食堂®が伝授する今夜からできる食生活改善法 (1/2ページ)

 

「何かを手に入れるためには、何かを捨てなければならない。By.IKKO」

「ブラック企業」「社畜」……穏やかでない言葉が並ぶ日本のビジネスシーン。健康的な生活と充実した仕事は両立できないのでしょうか……? しかし、Men’s HOLOS編集部員ヒロシのように、あきらめの悪い男性も中にはいるようで……。

「ビジネスパーソンとしての成功もスリムボディも健康も全て手に入れたいんだ!」という強欲ぶり。健康的な生活を送るためにさまざまな改善策にチャレンジした挙句、不規則な生活でも健康的に過ごしたいというある種あきらめの境地にたどりついたのは皮肉なもの。しかし「神よ、僕に今年最後のチャンスをください!」と、心の叫びを叶えるため、今回も新たなチャレンジをするのでした……。

 

男のメンテナンス A to Z/乱れた食生活でも健康&スリムに! タニタ食堂が伝授する今夜からできる食生活改善法

ごはんをおかずにごはん、食べられます。

 

というわけで今回ヒロシがやってきたのは、「丸の内タニタ食堂」。
レシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂」(大和書房刊)で一躍有名になった健康計測機器メーカー、株式会社タニタの社員食堂と同じメニューを味わえるレストランです。(丸の内オリジナルメニューもあるよ!)

 

前回の記事から、さらに太ったヒロシ

前回の記事から、さらに太ったヒロシ

 

ヘルシーで、しかもおいしい定食を食べられるとあって、ビジネスパーソンに大人気。ランチタイムは11時〜15時の営業と、うれしい比較的長めの設定です。毎朝8時半から整理券を配布しているそうなのですが、整理券は開店前になくなることもあるんだとか!

 

食券購入。まずは日替わり定食をチョイス!

食券購入。まずは日替わり定食をチョイス!

 

丸の内タニタ食堂では、食券を買って自分でご飯をよそうセルフサービスが基本スタイル。
ヒロシも早速、食券を買います。日替り定食はタニタの社員食堂と同じ献立で、週替り定食は丸の内オリジナルのメニューです。

ちなみに、この日のメニューはこちら。

 

日替わり定食:チキンマスタード焼き定食 463kcal

日替わり定食:チキンマスタード焼き定食 463kcal

 

週替り定食:アボカドハンバーグ定食 495kcal

週替り定食:アボカドハンバーグ定食 495kcal

 

「ひとつの定食で、500kcal前後、塩分3g前後のメニュー構成となっています」と教えてくださったのは、広報の横田洋子さん。

「へぇ〜、500kcal……。」いまいちピンときていないヒロシに、「500kcalというと、菓子パンと同じくらいのカロリーなんです。丸ノ内タニタ食堂の定食では、1食で野菜が150〜250g摂れます。つまり、お昼だけで厚生労働省健康日本21が掲げる一日の野菜摂取目標350gの半分以上の量が摂れるんですよ」と、詳しく説明してくださいました。

食券を購入したら、お次はセルフサービスでごはんをよそいます。いつもの調子で山盛りによそうヒロシでしたが……。

 

 「コラコラ!盛りすぎですよ!」管理栄養士の塚本さんに怒られる

「コラコラ!盛りすぎですよ!」管理栄養士の塚本さんに怒られる

 

こちらの茶碗には、内側に線が2本。何の目印かと尋ねると「ごはんの量を調節する線ですよ。下側の線が約100gです。ちなみにタニタでは、100gをオススメしています。」とのことでした。

「少なく感じますね。これだけでお腹いっぱいになるのかなぁ〜。」と、食い意地の張ったヒロシでしたが、野菜たっぷりのボリュームだけでなく、噛みごたえを出すように調理の工夫もされているそう。ご飯少なめでも満腹感が味わえそうです。

 

100gと見せかけて、ごはんを押し潰してバレないように多く盛るヒロシ

100gと見せかけて、ごはんを押し潰してバレないように多く盛るヒロシ

 

満腹感を得るためには食べる順番も大切とのこと。「野菜→海藻→汁物→メーン→ごはん」の順番で食べることによって、ごはんを食べる頃にはイイ感じにお腹いっぱいになっているんだそうです。

 

>>ようやく待ちに待った実食タイム!

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

男のメンテナンス A to Z

プロの格闘家から指導を受ける! 格闘技でエクササイズ (1/2ページ)

 

強くありたいという欲望は、時代を問わずに男が持ち続けるもの。Men’s HOLOS編集部員のヒロシもまた、そんなひとりの男です。ところがこの男、当連載で様々なエクササイズに挑戦しているにも関わらず、体が引き締まる気配が一向に感じられません。ならば好きな分野でチャレンジしてみてはどうかと、編集長はヒロシの趣味であるプロレス観戦に目をつけました。「格闘技のプロに、叩き直してもらってこい!」

 

男のメンテナンス A to Z/プロの格闘家から指導を受ける! 格闘技でエクササイズ

心身を鍛えて、真の男を目指すぞ!

 

というわけで今回ヒロシがやってきたのは、格闘スポーツジム「レッスルウィン」。主宰はなんと、レスリング69kg級でシドニー五輪銀メダルを獲得した、永田克彦さん!  現在は総合格闘家として活動しながら、同ジムで直接指導をされています。3歳の子供から大人まで、約160人もの人たちが通っているというこのジム。子供には習い事として、大人には健康のためのエクササイズとして、ニーズに合ったコースを展開しています。

 

プロの格闘家からの指導を控え、緊張気味のヒロシ

プロの格闘家からの指導を控え、緊張気味のヒロシ

 

まず永田克彦さんにご挨拶。このジムへかける想いから伺いました。

「レスリングや格闘技をみなさんに楽しんでもらえる場を提供したいなと思い、2010年にオープンさせました。みなさん体を動かすことに興味があっても、格闘技を気軽にできるジムというのは少ない。ここでは本格的なジムよりも敷居を下げているので、少しでも興味がある人に体験してもらいたいんです。パンチやキックで気持ちいい汗を流すことで、ストレス解消や体力向上などにつなげてもらいたいですね。格闘技って厳しい、怖いイメージがあると思うけど、ここはまったくそんなことないですから。子供や女性もたくさんいらっしゃいますし、安心して通えるジムだと思いますよ」

 

シドニー五輪のレスリング銀メダリスト、さらにプロの格闘家としても活躍中の永田克彦さん

シドニー五輪のレスリング銀メダリスト、さらにプロの格闘家としても活躍中の永田克彦さん

 

大人向けのレッスンはどのような内容なのでしょうか?

「格闘エクササイズ、レスリング、キックボクシング、グラップリング(寝技)、MMA(総合格闘技)などのコースがあります。初心者は格闘エクササイズから始めるのがおすすめですね。キックボクシングのクラスも初心者でも大丈夫ですよ。最初の3か月でほっそりして、半年で引き締まってくるというように、3カ月ごとに小さな変化が見えてくると思います。僕もレスリングクラスと総合格闘技クラスを担当しているので、希望いただければ直接指導します」

永田さんから「ヒロシさんは、もっとお腹をすっきりさせたいですね。格闘エクササイズを行えば、全身を引き締めることができますよ。頑張れ!」というありがたいエールをもらい、やる気がみなぎったヒロシ。普段は女性のみのクラスに特別に参加させてもらい、格闘エクササイズ体験スタートです!

 

「よろしくな!」 「は、はい…」

「よろしくな!」 「は、はい…」

 

>>五輪メダリストの格闘エクササイズを前に、ヒロシノックアウト!?

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

男のメンテナンス A to Z

土を使ったフレンチを食べて、食の安全を考える! (1/2ページ)

 

日ごろから一流の味を知っていれば、男としてのレベルも高評価されるというもの。ラーメンと唐揚げが大好物のMen’sHOLOS編集部員・ヒロシが訪れたのは、フランス料理の名店「ヌキテパ」。食通が集まるフレンチの注目店ですが、「土」を食材として使っていることで世界中から注目されています。土がフレンチに? しかもカラダに良いって? これは楽しみです!

 

男のメンテナンス A to Z/土を使ったフレンチを食べて、食の安全を考える!

 

東京・五反田の高級住宅街にあるフレンチ「ヌキテパ」。厨房で腕をふるう田辺年男シェフは、日本のフレンチ界でも名うての有名シェフ。大学時代に体操のオリンピック候補となり、卒業後はプロボクサーとして活躍するなど、珍しい経歴をお持ちです。スポーツの世界から料理の道に転身し、31歳で単身フランスに渡って修業。帰国後は都内の店に勤めた後、40歳で独立され、「ヌキテパ」(フランス語で「またのお越しを」という意味)をオープンさせました。

スイカ好きが高じて、スイカのフルコースをつくったことがあるほどの田辺シェフ。飽くなき挑戦心と独創性は、多くのファンのハートをつかんでいます。そんなシェフが今年1月から始めたのが、「土のフルコース」。お披露目会に参加した人がその様子をインターネットで公開したところ、その模様が世界中に広まり、CNNやディスカバリーチャンネルなど海外メディアからの取材が殺到しました。はたして土をどのように調理するのか? 土の下処理から見学させてもらいました。

 

まずは鹿沼土をオーブンで15分ロースト

まずは鹿沼土をオーブンで15分ロースト

 

使うのは、栃木県鹿沼の黒土。地下10メートルから採掘した土で、赤城山の火山灰が5億年かけて土になったもの。ミネラル分がたっぷりと含まれており、なおかつミネラルのバランスも良いのだそう。まずはこの土を200度のオーブンで焼きます。5分ごとに混ぜ、均等に殺菌するのです。15分ほど焼いたら、次は水と一緒に鍋へ。30分ほど煮たらザルで濾し、細かな砂を取り除きます。分離しないようにゼラチンを加え、ペースト状に。これをベースに、さまざまな料理に応用していきます。

 

鍋で水と一緒に煮込みます

鍋で水と一緒に煮込みます

 

ザルで濾して余計なものを取り除いたら……

 

ゼラチンを加えてペースト状に。これがベースとなります

 

それでは土のフルコースを一皿ずついただいていきましょう。高級フレンチ自体が初めてのヒロシ、必要以上に緊張しています。

 

土の要素はいったいどこに?

 

一皿目は、「蒸し蛤と土の上澄みのジュレ」。土を沸騰させたときに分離した上澄みをジュレにしたもので、無色の半透明。土の色をした料理が出てくると思っていた我々は、いきなり面喰らってしまいました。田辺シェフいわく「フランスでは海水をジュレにして魚介類に添える料理がある。それを応用した。土の香りが一番するのはこれじゃないかな」とのこと。土のミネラル分がたっぷりと含まれており、海水のような塩の味がします。蛤と一緒に食べることでとてもまろやかな味に。見た目に味に、いきなり驚かせてくれます。

 

サラダにも田辺シェフによる大発明が

 

二皿目は、「サラダ びっくり土」。サプライズを意味する「シュルプリーズ」を、土で表現したサラダです。玉ねぎ、トリュフを混ぜたマッシュポテトを丸め、土のソースでコーティング。クレソンの上には、これぞ土というような形状のものが振りかけられています。これはなんと、すりおろしたゴボウに土ペーストを混ぜて、フライパンで長時間炒ったもの。土の成分を吸ったゴボウを使い、水分を蒸発させることで、パラパラとした土のようにすることが実現しました。見た目に土っぽさがあるのはこのサラダが初めてでしたが、土、または泥といった苦々しさはまったくありません。しかしほのかに土の風味がするような気も。おいしいのはもちろんですが、見た目から味が想像できないことがこんなに楽しいとは。次はどんな料理が来るんだろうと、取材陣一同ワクワクしてきました!

 

>>さらに続く土料理のフルコース、その健康効果とは?

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

男のメンテナンス A to Z

カタツムリを顔に乗っけて美しく! 日本初のカタツムリエステ (1/2ページ)

 

近年、美容の秘薬としてカタツムリエキスが注目されているのは、女性なら誰もが知るところ(らしい)。そんな中、大胆にもカタツムリそのものを顔に乗せてしまうというエステコースが、期間限定で行われています。この前代未聞のエステにチャレンジするのはもちろん、Men’s HOLOS編集部員のヒロシ。100本を超える鍼金箔とさまざまなエステにチャレンジしてきた男の血が騒いだようです。動物も虫も苦手という彼ですが、はたしてエステは無事成功するのでしょうか?

 

男のメンテナンス A to Z/カタツムリを顔に乗っけて美しく! 日本初のカタツムリエステ

高級感漂うエステサロンです

 

というわけで、ヒロシがやってきたのは「クリニカルサロン メンズ シーズ・ラボ恵比寿」。化粧品会社「ドクターシーラボ」グループの美容サロンです。皮膚医学理論に基づいたメディカルエステを行うこちらのサロンで、日本初の「セレブエスカルゴコース」が期間限定で行われています。エスカルゴ……そう、カタツムリです。

 

施術前にまずはしっかりとカウンセリング

施術前にまずはしっかりとカウンセリング

 

先ほどもお伝えした通り、カタツムリの成分が美容に効果があるとされていることは、最新の美容に敏感な女性には有名なお話です。カタツムリの美容効果が着目され始めたのは1980年代。フランスやドイツ、スペインを中心に食用とされてきたカタツムリですが、這った後に残る分泌液にエイジング成分が含まれていることが判明。チリのエスカルゴ(食用カタツムリ)業者の手が、一般人に比べ傷の治りが早いとわかったことがきっかけでした。カタツムリの分泌液には、古い角質を除去するプロテアーゼのほか、傷や日焼けを鎮静する皮膚成分アラントインが含まれ、さらに粘りの成分ムチンは保湿効果も期待できます。食べても塗っても美容にいい。いいことづくしの生き物なのです。

韓国コスメなどでは、カタツムリ成分を配合したコスメも少なくありません。市販の商品ではカタツムリ成分の配合率が少ないもの大多数の中、「セレブエスカルゴコース」では、カタツムリから抽出した高配合のエキスをたっぷり使用し、フェイスケアとマッサージを行います。そしてなんと、生きたカタツムリを顔に乗せることができるのだそう!

 

カタツムリさん、よろしくお願いします!

カタツムリさん、よろしくお願いします!

 

ヒロシは「子供のときですら触ったことがない」というほど、カタツムリが苦手。エステティシャンの高村さんが、笑顔でカタツムリの入ったケースを持ってくるだけで、顔が引きつらせる始末です。さてどうなる!?

 

>>いよいよエスカルゴエステの開始です!

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

男のメンテナンス A to Z

シコふんでエクササイズ! 「シコアサイズ」を体験 (1/2ページ)

理想のボディをゲットするため、今日も今日とてあらゆるエクササイズが生み出されている現代日本。そんな中、伝統を誇る相撲から生まれたエクササイズがあります。その名も「シコアサイズ」。元横綱の貴乃花親方が考案したというお墨付きですが、はたして相撲がどんなエクササイズになるのでしょうか? その秘密を探りに、シコアサイズを教えてくれるスタジオに一日入門してきました!

 

男のメンテナンス A to Z/シコふんでエクササイズ! 「シコアサイズ」を体験

シコアサイズを前にやる気みなぎるヒロシ

 

「シコアサイズ」とは、その名の通り、相撲の基本中の基本である“四股”をモチーフに生まれたエクササイズです。考案、監修したのはあの貴乃花親方。横綱らしい立派な体型だった現役時代とくらべると、見る見る間にスリムになられたのは誰もが知るところです。親方は現役当時160kgあった体重を、2年かけて80kgまで落とすことに成功。長年欠かさず行ってきた四股と、一日1~2時間のウォーキングだけで、ダイエットに成功したそうです。しかし、本当に四股がエクササイズになるのでしょうか? シコアサイズを教わることができるパーソナル・フィットネススタジオ、「Core Forest」さんにお邪魔しました。

体験するのは、毎度おなじみ編集部員・ヒロシ(26歳)。一向に引き締まらない体の持ち主ですが、力士を彷彿とさせるその姿を見ると、今回ばかりはうってつけなのかも。始める前からなぜか余裕の表情。貫禄すら見せ始めました。

教えてくれるのは、スタジオの代表でありトレーナーの内田英利さん。シコアサイズを始めとする様々なフィットネスに精通されています。ムキムキすぎない、細くて均整の取れた筋肉の内田トレーナーの姿を見るに、シコアサイズは筋肉作りにも適しているようです。 

股を開いてまっすぐに腰を落とし、片足を高く振り上げる……力士が立ち合いの前に儀式として行う四股ですが、足腰を鍛えることもできるため、力士にとっては日頃から欠かすことのできない動作。これがどのようにエクササイズに変わるのでしょう。

「シコアサイズは、体幹を整えることが目的のエクササイズです。体のゆがみをなくせば余計な脂肪を落とすことができるため、筋力アップにつながります。動きは地味ですが効果は大きいんですよ」と内田トレーナー。体のゆがみ、余計な脂肪……不健康男子を代表するヒロシにはまさに、退治しなければならない要素です。さらにやる気がみなぎります。

シコアサイズに必要なスペースは、1畳分ほど。ヨガマットを敷いて、入門者用のレッスンがスタート。まずはPart1ということで、シコアサイズの基本となる四股の動きを教わります。

 

これが基本ポーズ! 基本なのにキツイ……

これが基本ポーズ! 基本なのにキツイ……

 

肩幅ほどに両足を開いたら、上半身を腰ごとまっすぐ下に落とします。このとき、おしりは後ろに突き出ても大丈夫。ただし、かかとを床から離さないこと。両足を床にぴったりと付けたまま、腰をゆっくりと上げ下げします。足の親指の真上にひざが来るよう、ひざから下はまっすぐに。4拍かけてゆっくりと息を吸い、また4拍かけて息を吐き出します。決して速い動きは必要ありません。スタジオのBGMもゆったりとしたテンポの音楽が流れていて、ヨガのような雰囲気です。

見た目は簡単そうに見える「両足を大きく開き、かかとを床につけたまま腰を上げ下げする」という動作ですが、やってみるとこれが難しい! 太ももの内側や後ろなど、日常の動きでは鍛えにくい部分がプルプルするのがわかります。しかもこれをゆっくり何度も繰り返すので、休む間がありません。ヒロシも「内股がめちゃくちゃ痛い……」と、始める前の余裕はどこへやら。見かねた内田トレーナーからは「膝ではなくて股間節を曲げるように意識してください。立ち上がるときに、少し力を内腿に入れて」とのアドバイスが。スクワットは太ももの前面が重点的に鍛えられますが、このシコアサイズなら太もも全体を鍛えることができるのだそうです。これは納得!

 

脚はまっすぐ、おしりは後ろに引きます。最初はなかなかキープできません

 

続いて上半身へ。両肩を一度大きく回し、胸を開くような姿勢を取ります。続いて、胸の真ん中と丹田(へその下)を意識し、2点の距離を縮めるようにゆっくりと息を吐きます。下半身は上下に動かし、上半身はゆっくりと時間をかけて腹式呼吸。両手はだらんと垂らします。これを何度も繰り返すのが、シコアサイズの基本の動きだそうです。

 

四股っぽくなってきました!

 腕を広げると四股っぽくなってきました

 

基本をマスターしたら、今度はそれをさらにゆっくりと。腰を上下に動かしているだけの地味な動きなのですが、ヒロシの汗が止まりません。常に動いているということがこんなに辛いなんて……苦悶の表情がシコアサイズの奥深さを物語っています。

 

>>基本をマスターし、シコアサイズはPart2へ!

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

男のメンテナンス A to Z

癒やされながらシェイプアップ! 乗馬をマスターして草原を颯爽と駆け抜けたい (1/2ページ)

 

颯爽と馬にまたがり、草原をかけぬける。それはまさに、イイ男だから成せる技。乗馬ができる男がカッコイイのは間違いありません。乗馬ができれば、暴れん坊将軍になる機会が急に来るかもわかりません。なにより、乗馬はフィットネスにもなるんです。というわけで、セレブな香り漂う乗馬クラブに体験レッスンしてきました!

男のメンテナンス A to Z/癒やされながらシェイプアップ! 乗馬をマスターして草原を颯爽と駆け抜けたい

 

訪れたのは、東京都町田市にある「乗馬クラブクレイン」。総面積約3万平方メートルという広大な敷地に充実した設備が揃えられた、解放感のある乗馬クラブです。今回はこちらで大人気の、初心者でもいきなり馬に乗れる「体験乗馬コース」にチャレンジ。チャレンジャーはもちろん、編集部員ヒロシ。事前に乗馬経験を聞いたところ、「一度もありません」。うーん、せめて動物は好き? 「実は動物自体が苦手で。しかも高いところもダメです。一段上がるだけでビビリます!」とフォローのしようがありません……。乗馬体験、一体どうなるんでしょうか。

 

思わずモデル立ちをする編集部員・ヒロシ

レンタルながらも本格的な乗馬スタイルに身を包み、思わずモデル立ちをする編集部員・ヒロシ

 

乗馬クラブクレインでの乗馬体験の準備に必要なのは、長ズボン、靴下、手袋(または軍手)。乗馬用ブーツ、ヘルメット、ボディプロテクターはレンタルできます(要レンタル料)。ヒロシのようにロングブーツに脚が入らなくても大丈夫。ショートブーツと脛用のプロテクターもあります。

まずは厩舎へ連れていってもらいました。そこには、可愛らしい馬が一頭、今回ヒロシを乗せてくれる「ニュースター」くんです!

 

ニュースター先輩、ヒロシに世の中の厳しさを教えてやってください!

思った以上に大きかったニュースターと、おっかなびっくりスキンシップ

全国32カ所に展開する乗馬クラブクレイン。ここ東京には、約120頭の馬がいます。そのうち9割は元競走馬だそう。ニュースターも元競走馬にして現在18歳ということで、人間だと70歳ぐらいのロマンスグレー。とても温厚な性格なので、乗馬初体験者にはぴったりの馬です。厩舎の方いわく、怒ることはないと見せかけて、実は腹黒いところがあるとかないとか。ニュースター先輩、ヒロシに世の中の厳しさを教えてやってください!

乗馬体験は、全部で約1時間半。まずは馬の個室である厩舎から洗い場に連れていくところから始まります。いきなり乗るのではなく、厩舎から洗い場に連れて行き、声をかけたりブラッシングしながら少しずつ馬と慣れていく、馬にとっても人間にとっても大切なコミュニケーションです。鼻筋や首元へのタッチは、馬が喜ぶポイントだそうです。これは乗馬中でも使えるので、覚えておきましょう。

準備が終わったら、いざ馬場へ! 笑顔が素敵な有路(ありじ)指導員の先導で、ニュースターと一緒に入場します。ニュースターは小柄な馬ですが、乗ると目線は2.5mほど。大きい馬だと約3mで、トラックの運転席と同じぐらいの高さになるのだとか。高所恐怖症のヒロシはさっそくニュースターにまたがると、「高い、です……」と苦笑い。下から見るとそれほど高くは見えないですが、馬の背中からの景色はまた違うみたいです。

 

 

 「高い、です……」と思わず顔がこわばるヒロシ

「高い、です……」と思わず顔がこわばるヒロシ

 

まずは乗馬の基本から学びます。初心者はつい下を見てしまいがちですが、視線はなるべく遠くに、姿勢は背筋をピンと伸ばすことがポイント。姿勢がだらしなく、体幹がしっかりとしていないと、馬も困惑して上手に動けないのだそうです。日頃の運動不足のせいで、完璧なまでに猫背なヒロシ。お手本を見せてくれるスタッフの方たちは、みな引き締まった体&シャンとした背筋の持ち主ばかり! ヒロシも乗馬を続ければ、みなさんのようなモテ体型になれるんでしょうか!?

 

ヒロシも乗馬を続ければ、みなさんのようなモテ体型になれるんでしょうか!? 

 緊張しながらも、基本を守って何とか乗馬

 

かかとの内側で馬のお腹をポンとキックすると、馬が並足で歩き出します。同じ要領でポンポンと続けてキックすると、速足に。手綱を手前に引けば、ブレーキ。これが乗馬の基本中の基本。上手にできたら、馬を褒めてあげて、コミュニケーションを取ることも大切です。ムツゴロウさんの声真似で「よーしよし、ニュースターいい子だね~」とダミ声を出すヒロシを、ニュースターはどう思っていたのでしょう……。

ときどき動くのをやめてしまうニュースター。乗る人の緊張が伝わるからだそうです。姿勢が悪い上に、ハンドルをついキツく握りしめていたヒロシ。肩車で子どもが怯えて大人の頭に抱きつくとバランスが取れなくなってしまうように、馬も乗る人の重心が定まらないと歩きにくいのようです。乗る人の姿勢を、馬に判定してもらえる場でもあるのですね。

 

>>いよいよ本格的な乗馬エクササイズに

 

■オススメ記事はコチラ

 

   

男のメンテナンス A to Z

忍者の動きでエクササイズ! 伊賀流シノビックスで修業を積む! (1/2ページ)

 

今、最先端のスポーツといったらなんだろう。フットサル? スカッシュ? ボルダリング? 
もちろんそれも人気ですが、なんといっても忍者ですよ、に・ん・じゃ!! なんと、忍術の動きを応用したダンスエクササイズがあるらしいんです。その名もシノビックス。なんかカッコよさそう! 
というわけで、おそらく日本で唯一(?)のシノビックスレッスンに行ってまいりました。忍者の動きをマスターしつつ、体を絞れれば、外国人にもモテるかも!?

男のメンテナンス A to Z/忍者の動きでエクササイズ! 伊賀流シノビックスで修業を積む!

まさかあんな結末になるとは……。レッスン前で、まだのんきな編集部員のヒロシ

 

訪れたのは、アクションとアクロバットの教室である「つばさ基地」。ここで週に1回、シノビックスのレッスンが行われています。教えてくれるのは、妃羽理(ひばり)先生。なんと忍者の末裔だそう。これは楽しみだ!

 

妃羽理(ひばり)先生。なんと忍者の末裔だそう。

「よ、よろしくお願いします……」「はいよろしく~」

 

妃羽理先生に見覚えがある人もいるのでは。それもそのはず、妃羽理先生はアクション女優として長年活躍し、あの人気番組『筋肉番付』にも出演していたお方。伊賀麻績服部流忍術の正当継承者であり、なにより最強のオネエ。そう、妃羽理先生はオネエなんです。そこらの男には負けません。

妃羽理先生が考えたシノビックスとは、一体どんなエクササイズなんでしょうか?

「シノビックスは伊賀麻績服部流忍術を会得した私が考案した、ダンスエクササイズです。そもそも忍術は昔の日本人が考えているので、日本人の身体に合った動きになっている。それに修行の日々を送る忍者は、太ることができませんよね。私は幼少の頃から伊賀の麻績服部流で忍術の修行を積みましたが、自然と身体を鍛えることができました。忍者の戦いの動きを音楽に合わせて踊ることで、誰でも楽しく有酸素運動ができたらいいなと思い、3年かけて完成させました。ただしほかのエクササイズとくらべるとかなりハードです。覚悟してくださいね!」

 

気持ちで負けそうになった、編集部員のヒロシ。テンションを上げるために、まずは格好から入ります。

テンションを上げるために、まずは格好から入ります。

ドロン!

誰も頼んでいない忍者コスプレに、妃羽理先生も苦笑い。とにもかくにもレッスンスタート!

 

>>シノビックスの真髄が明らかに!

 

■オススメ記事はコチラ

 

    

男のメンテナンス A to Z

人生もスラックラインも最後まで渡りきれ! 体幹を鍛えて理想の自分を手に入れろ (1/2ページ)

男のメンテナンス A to Z 人生もスラックラインも最後まで渡りきれ! 体幹を鍛えて理想の自分を手に入れろ

先輩社員が僕に真剣な顔で話しかけてきました。

 

「ヒロシ、いいか。人生は綱渡りだぞ。」

 

と。その言葉にハッとして過去を思い返してみると、色々な場面で道を踏み外し、子どもの頃に描いた理想像とは真反対にいることに気付かされました。急に不安になり、ネットサーフィンに逃避していると、目に止まったのは綱の上でピョンピョンと華麗に飛び跳ねる人たちの動画。「今、チャレンジすべきことは、仕事でも恋愛でもなくコレかもしれない!」という思いで調べていくと『スラックライン』というスポーツであることが判明。人生の綱渡りをリベンジすべく、挑戦してきました!

 

人生の綱渡りの予行練習のため、スラックラインを体験!

人生の綱渡りの予行練習のため、スラックラインを体験!

『ボルダリング』と同系列のアウトドアスポーツとして海外では人気があり、日本でも注目されはじめているという『スラックライン』。体験するため今回訪れたのは神保町にある『ZERO Fight & Fit』さん。屈強な体つきでいかにも強そうな岡本先生が腕を組んで待っていました。

 

『スラックライン』とはどういったスポーツなのでしょうか?

 

『スラックライン』は幅5センチのヒモの上を片足でバランスを取りながら、綱渡りのように歩いたり、座ったりし、上級者になるとトランポリンのように飛び跳ねながらさまざまな技までできるスポーツです。2009年に日本に上陸しました

 

元々はスポーツとして楽しまれていたのですが、不安定なヒモの上だと手と足を使って自然にバランスをとるので、普段意識しない体幹の筋肉を鍛えることができ、最近人気のファンクショナルトレーニングとしても注目されています。体幹が弱いと姿勢が悪くなるだけではなく、お腹がぽっこりと出る原因にもなるので、体のスタイルを気にする人にとってはしっかりと鍛えておきたい部分です。特にダイエットをしたい人には、ウェイトトレーニングや走りこみも必要ですが、体の軸となる体幹を鍛えることのほうが大切。見た目は地味ですが、運動量も多くて汗をかけますし、遊び感覚で体幹を鍛えられるので、楽しみながら体のバランスを良くすることができますよ!」

 

この連載の取材を通して、体幹トレーニングの大切さは身にしみていたので、遊び感覚でできるというスラックラインの体験に期待が膨らみます。

 

ブレない男になるヒントは、体幹の強化にあり!

ブレない男になるヒントは、体幹の強化にあり!

一見、ただヒモに乗ればいいように見えますが、バランスをとるのにもコツがあるそうで、まずは先生にお手本を見せていただきました。

 

“バランスをとりながら真っ直ぐ立とうとすること”、“落ちそうになっても、粘って体勢を立てなおそうとすること”。はじめてスラックラインを体験する人が心がけておくべきポイントはこの2点です。これらを意識すると、自ずと体幹を鍛えることができ、より良い効果を得られます。」

 

先生の言葉をしっかりとメモし、実際にヒモの上に乗ってみることに。立つこと自体はそんなに難しくなさそうなので、今回はスムーズに進みそうな気がするぞ!

先生の言葉をしっかりとメモし、実際にヒモの上に乗ってみることに

まずは、片脚で立つところから。足を置くとヒモがしなり、体をクネクネと動かしながら必死にバランスをとろうとする僕。「グヌヌ……立つのですら難しいぞ」と焦っていると、先生から「前傾姿勢にならないように、しっかりと腕を伸ばして前を見てください! 軸足ではない方の足もピンっと伸ばしてバランスをとって!」とのアドバイス。コツを掴んで徐々にその場で静止できるようになってきました。ただ立っているように見えますが、実際に体験してみると、不安定な状況でバランスをとるために、普段使っていない体幹の筋肉が刺激されているのがわかります

 

フラフラとしながらバランスをとる動作は、はじめて自転車に乗った時の感覚に似ていて、慣れてくると自分でも上達しているのがハッキリと実感できます。その達成感もスラックラインの魅力であると語る岡本先生。たしかに、スポーツジムでウェイトトレーニングをするのとは違う“遊びとしてのストイックさ”があり、ハマるのも納得。スラックラインの魅力に気づきはじめたところで、次のレベルへ。

 

>>神保町にスラックラインの鬼、登場!?

 

■オススメ記事はコチラ

 

  

1 2

【メンズホロス】produced by リーブ21 TOP

ページTOPへ